シャドウサイドの力は大きい!

イマココ対話室だよりへようこそ!


まずはお知らせから。(本日の記事はお知らせの下にございます)



<体感ヨガセラピースケジュール>(←名前変えてみました!)


*2018年 1月


10(水)・12(金)・15(月)・18(木)・19(金)・22(月)・24(水)・26(金)・29(月)・31(水)



*時間:10時~11時30分(変更の場合あり)

*料金:1回のみ700円  10回チケット5,000円  初回体験500円  ヨガマットレンタル100円
*その他:○動きやすい服装でおいでくださいませ。○ヨガマットお持ちの方はご持参ください。○朝食は2,3時間くらい前までに軽く済ませておかれると動きやすいです。○上記日程は変更する場合があります。随時変更・更新しますが、ご予約の際に私まで確認をお願いします。○ご予約は前日の17時までにお願いします。
*コンセプト:ヨガを通して、ご自身の心と身体に向き合い、対話し、気づく・・・そんな時間になることを願っています。


他にご心配なこと、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

イマココ対話室 たかのりえ
takanoriee@gmail.com


絶賛!随時承り中!
TCカラーセラピーのメニューについてはこちら⇒❤❤❤

TCカラーセラピスト養成講座についてはこちら⇒❤❤❤
カラーセラピー以外のカウンセリングについては現在2時間3,000円で承っています。今だけのモニター価格となります(期限は改めてお知らせします)。お気軽にお問合せください!

******************************************************************



a0075133_15075746.jpg
冬休みお決まりの映画「妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」を観に行ってきました。

今までと全く違う!まさに「新章、突入」してた。さらにシュールなキャラ設定。しかもイケメン妖怪のオンパレード。断然、私のお好みでしょう。

シャドウサイドのジバニャンの強いこと、強いこと!

ライトサイド=通常の姿
シャドウサイド=戦闘モード

という設定です。味方の妖怪が自由自在に変身します。

味方がいれば当然敵がいる。

敵は人間の悪意をエネルギーとする鬼王ってやつらしい。

めちゃめちゃ強い。おまけに進化したりする。

でも、人間と妖怪たちが力を合わせてやっつけるというストーリー。わ、こうして書くと薄っぺらい!

いや、普通に面白かったです。秘かに楽しみにしていたし。何気にうるうるくるし。

でもね、そろそろ、人間の悪意を悪いものとしてやっつけろ!っていうテーマはいいんじゃない?と思ってしまう。

悪意って名前つけちゃってるけど、それってシャドウサイドでめっちゃエネルギー出してるやつと同じじゃないの?

と、つい最近までシャドウサイド(影の世界)にどっぷりとつかっていた私なんか思う訳です。

喜びも楽しみもめっちゃパワフル。

そして、同じように怒りや悲しみもめちゃくちゃパワフル。

どっちが正しいとか、どっちが良いとか、もうやめてもいいよね。

その感情の持つエネルギーを調和や統合や優しさへ使いたいよねーと思った訳です。

いい線いってるシーンももちろんありましたけど。

個人的にはゲゲゲの鬼太郎が友情出演されてて。

トウマくんという男の子の意識の中の苦悩を取り除くお手伝いをされてまして。

これ、ヒプノセラピーじゃん!というシーンがツボでした。


鬼王よりも強い敵がいるというところで映画が終わりました。しばらくこの設定で続くみたいです。

また、イケメン妖怪たちを観に行くんだろうな、私。







[PR]

# by 060304 | 2017-12-26 16:06 | 感じたこと | Comments(0)

悲しくても泣けなかった理由

とりあえずとんがっていました。誰彼かまわず突っかかったこともありました。
さーわるものみな傷つけた~♪
イライラして。
子ども達にも怒鳴った。そんで自己嫌悪に陥る。
心はのたうちまわっていた。

苦しくて、苦しくて。

大きな鉛を飲み込んだみたいに、体中が重く、汚染されている。

怒り狂っているかと思えば、陽気に冗談言ったりして、平気なふりして、笑う。

優しくされればされるほど、かたくなに閉じていく。

開いているようで、開いてない。

苦しくて、苦しくて。

冗談まじりで、声に出す。

「死にたい!」

冗談なんかじゃなかった。

「死にたい!」と本気で心が叫び続けていた。

母が死んでからホントはずっとそう叫び続けていた。

でも、とことんごまかしが効かなくなって、苦しくて仕方ない。暴れる心をもてあまし始めた。

そうなると、向き合わざるを得なくなります。

ごまかす方が大変になるから。

私は母の死を完璧に美しいものと仕立てあげました。

それはそれは美しく。
それはそれは完璧に。

そのはずなのに、死が私の心をつかんで離してくれません。

死に魅入られていました。

完璧に美しい母の死は悲しむべきことではありませんでした。

むしろ、死が甘美。憧れの対象でしかないじゃないの!

しかも、私と母の癒着具合はスサマジイものでしたので。

母が死んだんなら、私も死んだんじゃないの?くらい細胞が信じてる節がある。

Robeのメンバーの愛するたまちゃんにフェイシャルのオイルトリートメントをしてもらった時のこと。

たまちゃんの柔らかな手で触れられている私の頬を母の頬だと錯覚した。私の頬か母の頬か判別がつかないほど意識の混濁が起きた。

よくわからないありえないような不思議な感覚にはっとして我に返った。

その後、Robeのかおりさんに言われたことで納得できた。

母の死は母のもの。
私の生は私のもの。

母と私の癒着は今なお、現在進行形で私の中に存在していたのだとわかりました。

こんな風に頭で理解できたからって、すぐに腹に落ちてクリアになることもできず。

死に取りつかれている毎日。

悲しいときはたくさん泣いた方がいい。
まだ、悲しみ方が足りない。
大変でしょ?
寂しいでしょ?
悲しいでしょ?

優しく気持ちを配ってくれる声や表情を、人からもらう度に意地になった。イラついた。私はセラピストだし、悲しみにおぼれてる場合じゃないし。乱れるなんて恥ずかしいし!とかって。(結局、ぶっちゃけちゃってるけど)


蓋をすればするほど、それはむくむくと増幅し、ついにあふれ出ました。

苦しくて、苦しくて、イライラして、当り散らして、自分自身を責めまくって、のたうちまわって。

気づきました。


私が一番私を責めていたのだと。とうとう母を守ることも、癒すこともかなわず、母を死へと向かわせてしまったと。

罪悪感なんて一言では済まないような。例えるなら、刃をひとおもいに自分の心臓に突き刺したような痛み。


これね。

気づいちゃだめだったの。

耐えられないから。

苦しくて苦しくて、それこそ死んでしまいたいくらい耐えられない痛みだったから、気づかないように、あの手この手で美しくラッピングしてしまいこもうとしていたの。

でも、とうとうごまかしきれませんでした。

この「死にたい気持ち」をやり過ごせなかったもん。

そして、もう一つ気づいた。ごまかそうとしたことも私が壊れないように守ろうとしてくれてた結果なんだと。

自己防衛本能。これも立派な愛だと。

私自身はいつだって私自身を守ろうとし、私自身に寄り添ってくれ、私自身を愛してくれていたんだと。

ごまかす。苦しむ。気づく。

全て、ベストのタイミングで、ベストのことが起こっている。

私自身に脱帽。

私を私に明け渡しても本当に大丈夫なんだと、ほっこり、腹に落ちた瞬間でした。

それからというもの、「死にたい」という心の叫びはとても小さくなりました。もうほとんど聞こえないかも。


今回の気づきは私の中ではズキューン!って感じではなく、じわじわと広がっていく感じ。オセロがパタパタと変わっていくとか。パズルのピースが次々とピタッとはまっていくというか。

核心をつくような確信があるような気がして。わくわくと楽しい。思考の広がりが止まりません。


ともかく。

これまで、本当に乱れた私にそっと寄り添ってくださっていた皆様、心から感謝申し上げたいと思います。
皆様がいてくださったから、今私はここにこうして、生きています。

そして、やっぱり今日は自分自身に感謝したいと思います。そんな話の流れじゃん!

ありがとう❤

Merry Christmas❤


※来年1月の体感ヨガセラピーのクラススケジュールはそのうちUPします!よろしくお願いします!






[PR]

# by 060304 | 2017-12-25 15:43 | ヒプノセラピー | Comments(2)

最強!この体ひとつを持って限界を超えていく

イマココ対話室だよりへようこそ!


まずはお知らせから。(本日の記事はお知らせの下にございます)



<体感ヨガセラピースケジュール>(←名前変えてみました!)


*12月


1日(金)・4日(月)・6日(水)・8日(金)・11日(月)・13日(水)・15日(金)・18日(月)・20日(水)・22日(金)



*時間:10時~11時30分(変更の場合あり)

*料金:1回のみ700円  10回チケット5,000円  初回体験500円  ヨガマットレンタル100円
*その他:○動きやすい服装でおいでくださいませ。○ヨガマットお持ちの方はご持参ください。○朝食は2,3時間くらい前までに軽く済ませておかれると動きやすいです。○上記日程は変更する場合があります。随時変更・更新しますが、ご予約の際に私まで確認をお願いします。○ご予約は前日の17時までにお願いします。
*コンセプト:ヨガを通して、ご自身の心と身体に向き合い、対話し、気づく・・・そんな時間になることを願っています。


他にご心配なこと、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

イマココ対話室 たかのりえ
takanoriee@gmail.com


絶賛!随時承り中!
TCカラーセラピーのメニューについてはこちら⇒❤❤❤

TCカラーセラピスト養成講座についてはこちら⇒❤❤❤
カラーセラピー以外のカウンセリングについては現在2時間3,000円で承っています。今だけのモニター価格となります(期限は改めてお知らせします)。お気軽にお問合せください!

******************************************************************


「最強!この体ひとつを持って限界を超えていく」
a0075133_14472513.jpg
熊本市の保健師の皆様への研修会に講師として招かれたRobeのかおりさんのサポートをさせてもらいに行ってきました。

『自分の「思考」と「感情」を観察し、上質なコミュニケーション術を身につけよう』と題して2日間にわたって開催されました。写真上が1日目。主に座学。写真下が2日目。ワークの様子。私はワークに混ぜてもらいました。あそこいますね。しっかりと。

保健師さんと言えば、心身の健康を守るというスタンスから子どもからお年寄りまで、毎日触れ合う大切な仕事。行政の中のとても重要な役割を担っています。

想像するに、とても重い。お1人お1人との関わりは真剣勝負でしょう。まさにプロフェッショナルな世界。

まさに、真剣なコミュニケーションの世界。カウンセリングの世界ととても近い。

で、あるからこそ「上質なコミュニケーション」が必要です。

その昔々、私の最初のカウンセリングの師匠に脅されたことがあります。今でも肝に銘じていること。

「いいか?ミイラ取りがミイラになるぞ。こんな仕事しない方がいい。してもらいたくない。」

私への愛情故の言葉だったのでしょうけど。試されてもいたのかな。いずれにしろ、これはそうとう残っています。生半可にはできないと。だから、中途半端なところで二の足を踏んでいた期間が長かったこと。結局、より深みへ進む一歩を踏み出してしまいましたが。

仕方ないよね。より私へと続く道だったんだもの。

そうです。より私へと続く道。より私へと還る道。それが私自身とのコミュニケーションなのです。

つまり、自分自身とより深いコミュニケーションをとれるようになることで、実は他人とのコミュニケーションが充実していくのです。


これ、大切なところですが、イメージしていただくことできますでしょうか?

私達は気づかないうちに、自分の感情や思考と相手の感情や思考をごちゃまぜにしてとらえていたりします。

カウンセリングの現場ではよくあることです。

クライアントさんの苦しくて悲しい境遇を聞く。一生懸命、聞く。共感しましょう、なんてよく言われるから。


クライアントさんの悲しさを自分の持つ悲しさに書き換えて、いっしょに悲しみ、涙する。そして、その悲しみにとりつかれる。ずっと、私が悲しい。クライアントさんのことを四六時中考えて悲しい。

という状況に陥る。ほら、これがミイラ取りがミイラになるってこと。

本当の悲しさは自分の中にしかありません。自分の中の悲しさがクライアントさんの悲しさに勝手に反応しているだけなのです。

クライアントさんの悲しさはクライアントさんのもの。

私の悲しさは私のもの。

本来はこうあるべき。分けて考えるべきもの。

分けて考えられるようになるには、とことん自分の中にどんなものがあるのか見つめて、把握しておくことが大事になってきます。

何があるのかわかっていれば、自分のものか、他人のものか判断つきますものね。

この、自分の中にどんなものがあるのか見つめて、把握しておくことこそが「自分自身とコミュニケーションをとる」ということなのです。

ご理解いただけたでしょうか?

でも、わざわざカウンセリングの現場でなくても、日常の中でこんなことはゴロゴロしております。

旦那様がお仕事から帰られて、奥さまに尋ねました。
「今日は何してたの?」
「何したって私の勝手でしょ!そんなこといちいち聞かないで!」
と、なっちゃったり。してません?

ここで、奥さまの中で何が起こったのでしょう?
ホントは友達をちょっと贅沢なランチを食べにいった。2,000円のランチ。一生懸命働いてくれてる旦那様に申し訳ない気持ちがある。ちょっとした罪悪感?私は2,000円のランチを食べる資格など本当は無いと思っている。贅沢をしてはいけないと思っている。旦那様から見張られているような気がする。自由に好きなものを食べ、自由に好きなところへ行くことは許されないことだと思っている。いつだって、頑張って働いていないといけないと焦っている。などなど。

そんなモヤモヤした自分自身への罪悪感みたいなものが自動的に、しかも瞬時に反応して「勝手でしょ!」となる。

ご主人、そんなつもりは全然ないかもしれないのにね。上質なコミュニケーションどころの話じゃありませんね。あー私には罪悪感があるなーってわかっていればケンカ腰の返事をする前に少しワンクッションおける。

ほらね。大人のより成熟した上質なコミュニケーション。

もっと言えば、例え旦那様が監視のつもりで聴いたとしても、それはあくまで旦那様の問題。監視せざるをえないような不安感を抱えている旦那様はご自身でそれに向き合うしかない。代わりに奥さまが向き合ってあげる必要もないし、そもそも不可能。

私の問題は私のもの。
あなたの問題はあなたのもの。

ある一定の距離を保ちつつ整理されていれば、コミュニケーションもいたってストレートでこじれません。

だからそのために、自分自身とのコミュニケーションをとることをまず、大切にしましょう!ってことなのです。

結局はカウンセラーだろうと保健師だろうとあんまり関係ないってことにはなってしまいますね。

大人として。より安定した大人として。

まあ、犬も食わない夫婦ケンカをしたいということであれば全然止めませんが。思う存分楽しんでいただければ。

でも、保健師とかカウンセラーというプロフェッショナルとしては、無駄なエネルギーを使うのはなんとしても避けたいですからね。

やはり、コミュニケーション上級者を目ざしたいものです。


話をもどしますが。私がペアを組んだのは若くかわいらしい女性。とは言え、身体のプロ。毎日赤ちゃんと触れ合っているせいか、手の感覚は敏感でいろいろなイメージを持っているようでした。話していくうちにご自分の身体と向き合うこともどんどん慣れていかれるご様子。

それをそばで見させてもらって、とても楽しかったのと同時に、静かな感動も感じてました。

あー、私達の身体はなんでも知ってるなー。いつだって私達の一番近くにいて、守ったり、話しかけたりしてくれているんだなー。

そして、それは私達セラピストだからできるのではなく、初めて自分自身とそして自分自身の身体と対話するということを体験した方たちでも「自分とコミュニケーションをとる」ことが可能だということを目の当たりにしたこと。

もちろん、人によって反応は様々です。

その反応が上手とか下手とか、善悪とかではなくて、なんらかの反応があった(とまどいだろうと、拒絶だろうと)そのものが、そのご自身の深いところが間違いなく躍動した証拠のように感じました。

素晴らしく、優しい研修会でした。

今回、行政という大きな組織に従事する方たちと関わらせていただきました。私は民間のただの一個人として毎日活動をしているため、かなり気構えや気負いがありました。大きな組織の前ではあまりにも力の差が歴然としすぎていて。本当は大きな組織であるからこそ、その力をもってして、今回の上質なコミュニケーションを多くの人に知ってもらえるようなきっかけにしたいという期待感もありました。正直に申し上げればですよ。

先般、医師の方にカラーセラピーをする機会にも恵まれました。

医療の現場、行政の現場、そこにも間違いなく大きなニーズがある。それはわかっているのに、組織になった途端、私達はそのニーズに対して提供できることがあるのにもかかわらず届けることが非常に困難になってしまう。そうやっぱり思ってしまっていて。

民間、行政、病院という組織としての観点で見ると、その壁は強固。なのに、いざその組織を構成している人々に直接触れ合うと、難なく伝えられるし、反応も早い。

そのことに気付きました。

私達が見るべきは、目の前にいらっしゃるお1人お1人なんだと。組織の壁じゃない。

私は私と対話して大組織だったり権威に対するコンプレックスを抱えているなと感じました。

それがわかっただけでも、すっきりです。無理にジタバタしません。目の前のあなたに向き合うだけ。

もし、また大組織に異常に反応しても、「あーコンプレックスね」と立ち戻れる。そんな自信はあります。なんと言っても私の身体が知ってる。

だって、研修中ずっと肩上がって、こわばってたもん!頑張ってたもん!

目の前に立ちはだかっていると思っていた組織の壁だってすり抜けるように超えていける。

限界だって本当は超えていける。

この身体ひとつを持って。

今俺は最強だ!!!!(なんで俺?)


追記:とはいえ、数の原理も力の原理であることも事実。ひとりは怖いけど、みんなと一緒なら大丈夫ですよね。
   各種研修会や講座のご相談ありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
   イマココ対話室 たかのりえ takanoriee@gmail.com









[PR]

# by 060304 | 2017-12-15 00:55 | ヒプノセラピー | Comments(0)

ライブをライブする

イマココ対話室だよりへようこそ!


まずはお知らせから。(本日の記事はお知らせの下にございます)



<体感ヨガセラピースケジュール>(←名前変えてみました!)


*12月


1日(金)・4日(月)・6日(水)・8日(金)・11日(月)・13日(水)・15日(金)・18日(月)・20日(水)・22日(金)



*時間:10時~11時30分(変更の場合あり)

*料金:1回のみ700円  10回チケット5,000円  初回体験500円  ヨガマットレンタル100円
*その他:○動きやすい服装でおいでくださいませ。○ヨガマットお持ちの方はご持参ください。○朝食は2,3時間くらい前までに軽く済ませておかれると動きやすいです。○上記日程は変更する場合があります。随時変更・更新しますが、ご予約の際に私まで確認をお願いします。○ご予約は前日の17時までにお願いします。
*コンセプト:ヨガを通して、ご自身の心と身体に向き合い、対話し、気づく・・・そんな時間になることを願っています。


他にご心配なこと、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

イマココ対話室 たかのりえ
takanoriee@gmail.com


絶賛!随時承り中!
TCカラーセラピーのメニューについてはこちら⇒❤❤❤

TCカラーセラピスト養成講座についてはこちら⇒❤❤❤
カラーセラピー以外のカウンセリングについては現在2時間3,000円で承っています。今だけのモニター価格となります(期限は改めてお知らせします)。お気軽にお問合せください!

******************************************************************



『ライブをライブする』
a0075133_16103934.jpg
先週の今頃、めっちゃ緊張しながらヤフオク!ドームにいた。待ち焦がれた東方神起のライブ!

数年前の私には考えられなかったことです。

ミュージカルにしても、東方神起にしても、芸能という分野に関しては一番遠いところに身を置いていた。劇場や会場に実際に足を運ぶなんて。

好きなアーティストや作品のために、お金と時間と労力を費やしている場合ではない。もっと他にやらなければならないものはたくさんある。そんな漠然とした焦燥感や罪悪感。そしてかすかな空虚感。

どれだけ自分のことを許してなかったことかと、今更ながらに思います。やっと、ここまで自分に優しくなれたなと感慨さえ感じます。

だからこそ!東方神起のライブは全身全霊で味わい尽くすことを心に誓っていました。

目のあたりにした彼らは!人間離れしているほど神々しく、輝いて、歌もダンスもたたずまいも素晴らしかった!!!!!

そして、とてもとても遠い存在だった。

毎日、死ぬほど東方神起のライブDVDは見ていたけど、テレビの四角い枠の中にいる彼らの方が、私の実生活においてはある意味リアルで。四角く切り取られていない、どこまでも続く視界の中に確実に存在する彼らの近くにいればいるほど、遠くに感じた。

ユノが私の真上2Mほどの高さの可動式のスケルトンステージで踊りながら飛んでいく(ように見える)。こんなに近くにいるのに、いない。

それくらいの次元の違いを感じました。まるで神の御前のありんこのような気持ち。

ユノとチャンミンが作り出す、異次元空間の中に、私は意識的な存在としているのではなく、ただ、五感をフルに使って全身全霊で感じ取ろうとする受容体として存在した。

そのせいか、ライブのことを思い出すと、まるで夢の中にいたようなそんなふわふわとした感覚の方が強く蘇る。視覚的な情報も弱い。身体中の細胞が夢の中に漂っているような感覚・・・・。

私は東方神起のライブを全身全霊でライブ(=生きた)したんだなーと思えます。

大満足。彼らは本当に素晴らしかった!

チャンミンがMCの時に言ったこと。

「だんだん寒くなってきて、大切な人のそばにいて温かくしていたい時なのに、僕たちに会いに来てくれてありがとう。」

って。まさに。前日の夜ドキドキしながら眠っている長男坊主1号の温かい身体を抱き締める。あー、大切な温かさ。大好きなチャンミンに会うために、時間とお金と労力をかけるけど、それも吹っ飛ぶ1号の温かさ。この温かさをおいてまで、私は朝も早くから行くのねとちらっと思った。それをチャンミンに見抜かれたような気がしてドキッとした。

そんなこと、さらっと言っちゃえるチャンミン。彼も神だ。

出かける直前。パパと息子1号2号に行ってきますを言う。パパも快くいってらっしゃいと言ってくれた。

次男2号もお布団の中から

「ママ、楽しんでくるにゃんよ~!」(ジバニャン風)

!!!!!!

もう!可愛い!可愛すぎるんですけど!!ここにも小さな神がいた~!!!!!


みんなが優しくて。

私が私に優しくするほど、どんどん優しさが流れ出して。


全部、全部ひっくるめて、大好き。この世界は素晴らしい。

Live!!!






[PR]

# by 060304 | 2017-12-09 16:10 | 感じたこと | Comments(0)

私を掘って掘って生まれたシンボル

イマココ対話室だよりへようこそ!


まずはお知らせから。(本日の記事はお知らせの下にございます)



<体感ヨガセラピースケジュール>(←名前変えてみました!)


*12月


1日(金)・4日(月)・6日(水)・8日(金)・11日(月)・13日(水)・15日(金)・18日(月)・20日(水)・22日(金)



*時間:10時~11時30分(変更の場合あり)

*料金:1回のみ700円  10回チケット5,000円  初回体験500円  ヨガマットレンタル100円
*その他:○動きやすい服装でおいでくださいませ。○ヨガマットお持ちの方はご持参ください。○朝食は2,3時間くらい前までに軽く済ませておかれると動きやすいです。○上記日程は変更する場合があります。随時変更・更新しますが、ご予約の際に私まで確認をお願いします。○ご予約は前日の17時までにお願いします。
*コンセプト:ヨガを通して、ご自身の心と身体に向き合い、対話し、気づく・・・そんな時間になることを願っています。


他にご心配なこと、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

イマココ対話室 たかのりえ
takanoriee@gmail.com


絶賛!随時承り中!
TCカラーセラピーのメニューについてはこちら⇒❤❤❤

TCカラーセラピスト養成講座についてはこちら⇒❤❤❤
カラーセラピー以外のカウンセリングについては現在2時間3,000円で承っています。今だけのモニター価格となります(期限は改めてお知らせします)。お気軽にお問合せください!

******************************************************************


『私を掘って掘って生まれたシンボル』


8月にオランダ在住のグラフィックデザイナー、マサさんのインタビューセッションで出てきた「私の本質を表す象徴(シンボル)」をかたどったスタンプが完成し、海を渡ってはるばるオランダから私のもとへ帰ってきました。

そう、帰ってきた。もはや私の分身な気分。

披露!じゃじゃじゃーん!





a0075133_15115408.jpg

どうですか?すごいでしょ?余分なものが一切ありません。

削りに削った大吟醸のようなシンボルです。

で、あるがゆえにいろいろなイメージが膨らみます。


皆さまはどんな風に見えますか?私のどんなイメージが湧いてきますか?すこーし眺めてもらえますか?

・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・


正解なんてないので。

ちらっと浮かんだイメージ。すべてが私であり、あなたでもあるかも。


このセッション当日のイメージは一言で言えば

「腹太鼓」!!!!

私の腹の中にある確かな愛や豊かさが、ゆらぎとなって世界に響いていくの。。。




マサさんからのメッセージにこう記してありました。
「スタンプに表現された形はあなたの見えない姿を形に表したものになりあなたと共に成長しあなたと共に意味も変化していきます。スタンプの意味を探りたい方は家族や友人にあなたの感じるままに説明すると何かが見えてくるかもしれません。」


うん。私は私を表現していこうと思います。それに伴って起こる成長や変化を楽しみつつ。










[PR]

# by 060304 | 2017-11-30 15:11 | ヒプノセラピー | Comments(0)

『天使の皮をかぶった悪魔』

イマココ対話室だよりへようこそ!


まずはお知らせから。(本日の記事はお知らせの下にございます)



<体感ヨガセラピースケジュール>(←名前変えてみました!)


*11月


6(月)・8(水)・9(木)・10(金)・13(月)・14(火)・17(金)・20(月)・21(火)・22(水)・24(金)・27(月)・30(木)


*12月


1日(金)・4日(月)・6日(水)・8日(金)・11日(月)・13日(水)・15日(金)・18日(月)・20日(水)・22日(金)



*時間:10時~11時30分(変更の場合あり)

*料金:1回のみ700円  10回チケット5,000円  初回体験500円  ヨガマットレンタル100円
*その他:○動きやすい服装でおいでくださいませ。○ヨガマットお持ちの方はご持参ください。○朝食は2,3時間くらい前までに軽く済ませておかれると動きやすいです。○上記日程は変更する場合があります。随時変更・更新しますが、ご予約の際に私まで確認をお願いします。○ご予約は前日の17時までにお願いします。
*コンセプト:ヨガを通して、ご自身の心と身体に向き合い、対話し、気づく・・・そんな時間になることを願っています。


他にご心配なこと、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

イマココ対話室 たかのりえ
takanoriee@gmail.com


絶賛!随時承り中!
TCカラーセラピーのメニューについてはこちら⇒❤❤❤

TCカラーセラピスト養成講座についてはこちら⇒❤❤❤
カラーセラピー以外のカウンセリングについては現在2時間3,000円で承っています。今だけのモニター価格となります(期限は改めてお知らせします)。お気軽にお問合せください!

******************************************************************



『天使の皮をかぶった悪魔』




「それは暗い大地を裂き、それをつつむ夜の闇を裂いて、どんどんひろがっていった。この天地を引き裂いて、大きくひろがっていった。やがて、そのひろがりの中から、目もくらむばかりの強烈な光が射し始めた。と、その光の裂け目から今度は気味の悪い、黒い影の塊のようなものがぬっと這い出してきて、まっすぐ、ゲドの顔めがけて飛びかかった。

~中略~

影の塊は定まった形を持たず、ふくらんだり、縮んだりしていたが、見ようによっては何か、黒いけだもののようで、大きさは人間の子どもくらいだった。頭はなかった。ただ四本の足だけははっきりと見えた。それが鋭い爪をたてて、ゲドに襲いかかり、その肉をかきやぶった。」(「ゲド戦記Ⅰ」~影との戦い~より)


魔法の学院で勉強をしている若きゲド。まだ正式な魔法使いではない。でも、生まれ持った才能により常に成績はトップ。


そんなゲドがライバルに煽られて危険な魔法をかけてしまいます。死者を呼び戻す魔法。一瞬、成功したかにみえた魔法でしたが、次の瞬間、現れた影がゲドに襲いかかり、ゲドは瀕死の重傷を負います。


傲慢さ。虚栄心。欺瞞。プライド。そして劣等感。


そんなものに心を支配され、危険な魔法をかけ、世界に悪魔のように危険な影を放ってしまったことで、ゲドは苦悩し、影を恐れ、対決せ

ざるをえなくなっていきます。


私は先日、Robeでのワークでこの「影」そのものになりました。


ザ・ネガティブ!!!


傲慢、虚栄、欺瞞、劣等感に加えて、不信、侮蔑、不潔、不浄、、、、他にどんなもの思いつきますか?とにかくネガティブなもの全てです。


虐げられ、忌み嫌われてきた「影」そのものになりました。


何年も何万年も、ずっと前からまるで無かったかのように否定され、誤魔化され、蓋をされ続けてきた「影」になりました。


影になってみて、味わった感情は、不安や寂しさ。そして、「信じて!」という言葉が出てきました。


だって、ネガティブだろうがなんだろうが、「影」は私の一部なんだもの。


光の部分と影の部分ひっくるめて私なんだもの。


なのに。


悪いことなんてひとつもしてませーん!なんて善人面して生きてきた。もちろん品行方正にできてるわけではない。悪い事してる認識があるにはある。けどそれにもいつのまにか都合のいい言い訳を用意したりしてる。言い訳用意してないと自分が自分で悪事に耐えられない。受け入れられない。


悪い私はダメ!と言い続けて生きてきた。


そりゃ、すねるよね。悪い方の私が。悪い私だってアンタなのに何よ!!今までいなかったかのように振る舞ってたでしょ!?


そんな簡単に許せない。受け入れます!なんて簡単に言うけど、生半可な気持ちを悪い私を受け入れたら、取り込んでしまうよ!


アンタをずたずたに傷つけるかもしれんよ。


ゲドが放った影のように。


長年やってきたいい人癖はちょっとやそっとじゃ抜けない気はする。だけど、悪い私もいるのはわかる。今はすごくわかる。


そもそも、善悪がなかったんだ。


とても、素直な気持ちが、時として、悪い事というレッテルを親や社会に張られてきた。ただ、それだけなんだ。


そう思うととても楽になりました。とてもとても。ただ素直なだけなんだもんね。


毒だって吐きます。


ゲドの物語ではゲドが影のことを「ゲド!」と呼ぶことで、ゲドに統合され、影としての姿を消しました。


象徴的な物語として、「影との戦い」はとても示唆に富んでいてわかりやすいです。もちろんいろんな解釈はあるのでしょうけど。大好きな物語です。


天使ちゃんと悪魔ちゃん。どっちも私で、どっちもかわいい!






[PR]

# by 060304 | 2017-11-29 15:57 | Comments(0)

大人の皮をかぶった赤ちゃん

イマココ対話室だよりへようこそ!


まずはお知らせから。(本日の記事はお知らせの下にございます)



*11月のヨガレッスンスケジュール


6(月)・8(水)・9(木)・10(金)・13(月)・14(火)・17(金)・20(月)・21(火)・22(水)・24(金)・27(月)・30(木)



*時間:10時~11時30分(変更の場合あり)
*料金:1回のみ700円  10回チケット5,000円  初回体験500円  ヨガマットレンタル100円
*その他:○動きやすい服装でおいでくださいませ。○ヨガマットお持ちの方はご持参ください。○朝食は2,3時間くらい前までに軽く済ませておかれると動きやすいです。○上記日程は変更する場合があります。随時変更・更新しますが、ご予約の際に私まで確認をお願いします。○ご予約は前日の17時までにお願いします。
*コンセプト:ヨガを通して、ご自身の心と身体に向き合い、対話し、気づく・・・そんな時間になることを願っています。


他にご心配なこと、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

イマココ対話室 たかのりえ
takanoriee@gmail.com


絶賛!随時承り中!
TCカラーセラピーのメニューについてはこちら⇒❤❤❤

TCカラーセラピスト養成講座についてはこちら⇒❤❤❤
カラーセラピー以外のカウンセリングについては現在2時間3,000円で承っています。今だけのモニター価格となります(期限は改めてお知らせします)。お気軽にお問合せください!

******************************************************************



『大人の皮をかぶった赤ちゃん』



本当は大声で騒ぎたかった。わーわー、ギャーギャーと。

本当は大声で泣きたかった。わーん、わーんと。えーん、えーんと。

本当はダダをこねたかった。あれは嫌だ。これ買ってと。

本当は地団駄踏みたかった。負けて悔しいと。

本当は怒りたかった。ぷんぷんと。

本当は拗ねていたかった。構って欲しくて。


笑ったり、泣いたり、怒ったり、楽しんだり。。。


ところかまわず。時間もかまわず。


嫌なものは嫌だと。したくないものはしたくないと素直に言って。


好きなことはずっとして。


好きなお菓子は何個も食べたい。ぷっちんプリンとか。


そして、ぷっちんプリンを10個食べようが、食べちゃダメ!と言われようが、お父さんとお母さんに、そうかそうか、よしよしと全身をわしゃわしゃされたかった。


機嫌がよかろうが、悪かろうが、わしゃわしゃなでくりまわされたかった。


なのに、ほんとにいつのまにか、ほんとに自分で気づかないうちに、そんな気持ちに蓋をして、ついにはそんな気持ちなんか無かったかのように大人になった。


身体も大きくなって、歳もとって。


すべてわかったかのような、まるで悟ったかのような大人になった。


でも、とんでもありませんでした。


私の中には甘えんぼの赤ちゃんがそのまんまの姿で生きていた。その証拠にわが子が泣いたら私もイラつくし、我が子が怒っていたら、私も輪をかけて怒りまくるし。


私の中の赤ちゃんが一緒になって反応するからでした。


私自身が大人になりきれていない。私の中の赤ちゃんが赤ちゃんのまま置き去りにされていた。


私はただの大人の皮をかぶった赤ちゃんだった。


だから、今、私は私をわしゃわしゃしたいと思う。


泣きたいよね。

怒りたいよね。

騒ぎたいよね。

ダダこねたいよね。

拗ねたいよね。

笑いたいよね。

楽しみたいよね。


全部全部の感情をわしゃわしゃしたいと思う。


自分に優しくできるということは、他人に優しくできるということ。


少しずつ、腹に落ちて来ています。








[PR]

# by 060304 | 2017-11-18 16:21 | ヒプノセラピー | Comments(4)

母と私の鎮魂歌~最終章~

イマココ対話室だよりへようこそ!


まずはお知らせから。(本日の記事はお知らせの下にございます)



*11月のヨガレッスンスケジュール


6(月)・8(水)・9(木)・10(金)・13(月)・14(火)・17(金)・20(月)・22(水)・24(金)・27(月)・30(木)



*時間:10時~11時30分(変更の場合あり)
*料金:1回のみ700円  10回チケット5,000円  初回体験500円  ヨガマットレンタル100円
*その他:○動きやすい服装でおいでくださいませ。○ヨガマットお持ちの方はご持参ください。○朝食は2,3時間くらい前までに軽く済ませておかれると動きやすいです。○上記日程は変更する場合があります。随時変更・更新しますが、ご予約の際に私まで確認をお願いします。○ご予約は前日の17時までにお願いします。
*コンセプト:ヨガを通して、ご自身の心と身体に向き合い、対話し、気づく・・・そんな時間になることを願っています。


他にご心配なこと、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

イマココ対話室 たかのりえ
takanoriee@gmail.com


絶賛!随時承り中!
TCカラーセラピーのメニューについてはこちら⇒❤❤❤

TCカラーセラピスト養成講座についてはこちら⇒❤❤❤
カラーセラピー以外のカウンセリングについては現在2時間3,000円で承っています。今だけのモニター価格となります(期限は改めてお知らせします)。お気軽にお問合せください!

******************************************************************


『母と私の鎮魂歌~最終章~』(『母と私の鎮魂歌』過去の記事はこちら→序章


母の遺体はとても美しく、ふくよかで、本当に眠っているみたい。私達が見てない時は目を開けていて、こっちに来た!と思ったらぱっと閉じて、死んだふりしているんじゃないかと思うほど。


納棺師の方のお仕事をずっとそばで拝見させて頂きました。母がたぶん好きで、私も大好きだった着物を着せて、お化粧もばっちりしてもらいました。生前化粧品に対するひどいアレルギーのため、全くお化粧ができなかった母。ほんとはとてもお化粧が好きだったのにね。お化粧したかったもんね。だから思う存分きれいにしてくださいとお願いしました。


納棺師の方は丁寧に丁寧にフェイシャルマッサージを施して少しむくみ気味だった母の顔を整えていかれます。エステ初体験。化粧ができなかったおか

げか、母の肌は綺麗で、あまりファンデーションを厚く塗る必要もないとのこと。


すべてを終えた母は10歳くらい若返ったように、美しく、まるで花嫁のようでした。


白雪姫か!?


私達は大満足。


そう、所詮、自己満足。


母は死んでもなお、私達の満足感のため、美しい肉体を残してくれました。


実は、母が倒れ、緊急手術を行った夜、私はひとまず安心した気持ちで家に帰りました。今夜のメニューは親子丼。お鍋を火にかけます。


あたたまるまでの間カーテンを閉めようとすると、黒い蝶がとまっています。


私の祖母が亡くなったとき、やっぱり黒い大きな蝶がうちの中にひらひらと入ってきていたのを瞬時に思い出します。


この蝶は母の魂かもしれない。一瞬そう感じたので私は蝶にそっと話しかけました。「遊びにきたと?ゆっくりしていっていいよ~」


そう言って、煮立ったお鍋の方に戻りました。


すると、その蝶がひらひらとこちらへ飛んできて、あっというまに、なんのためらいもなく、ぐつぐついってる鍋の中に飛び込んだのです。


一瞬で死んでしまいました。


まさかね。


まさか母はこのまま死ぬことを決めていて、私に知らせにいたんじゃないかな。


いやーさすがにそんな偶然ないでしょ!と打ち消しましたが。


翌日の先生の告知を聞いて、やっぱり、と思いました。


この蝶の話を弟にしたら、「その蝶って、あんまり大きくなくて、羽に白い線が入ったやつじゃない?」

って、「それ!なんで知っとると?」鳥肌たちながら聞き返しました。


「母ちゃんを救急隊員が運んでる時、うちの裏口の扉にとまっとったもん。ばあちゃんの時の蝶を思い出したけん、誰かが迎えにきとらすとかもしれんと思った。」


:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::


先日、Robeのかおりさんのカウンセリングを受けに行ってきました。魂を整えなければならないと感じていたからです。


母の死を受け入れているのにもかかわらず、悲しい気持ちもある。でも素直に泣けない。この悲しみがどこからくるのか、腹の底から納得できない。そして、この悲しみをどこかで抱えていることに、いくばくかの安心感や喜びにも似た感情があるのも感じる。それさーやばくない!?


それを解きほぐしに行きました。


会いたくて会いたくてしかたなくて、会って「どうですか?」と言われたら泣いちゃった。

とりあえず、「泣きに来た。」


これ、なんです。ひとしきり泣いたらなんで泣いてるのかわかんなくなる。えーとなんだっけ?となる。


今まで何回にもわたって長々と書いてきましたが、これは私から見た「母の死」なのです。あくまで。

父と母の夫婦ケンカから始まり、母との対決セッションがあり、実際母が倒れ、黒い蝶も現れ・・・・


まるで偶然という名の必然で、すべて母に巧妙にしくまれていたかのような気さえする。


美しく、潔い、見事な死。


そうしているのは、私なんです。


父には父の「妻の死」があり、弟には弟の「母の死」が当然ある。


だけど、「死」は「死」なのね。それ以上でも、それ以下でもない。


母にしたら生まれて、呼吸して、寝て、起きて、食べて、歩いて、そして死んで。


全部が並列にならんでいる。

ただ、それだけのこと。


それを生き残っている者は自分の気持ちを乗っけているだけ。通夜や葬儀は生きているもののためにある。


そういう一面もあるのだそうです。


悲しみを思い切り表出させるために。


誰かの死はただのきっかけに過ぎない。


最初は母を思って泣くかもしれない。いなくなったことが寂しい。苦労したよね。とか。父も辛いだろうな。なんで人は死んじゃうのかな。どうしても死んじゃうのになんで争ったり殺し合ったりするのかな。殺人事件とか。事故や天災でもたくさんの人が亡くなるよね。生きていくってものすごく大変で悲しいことが多いよね。。。。。そんなことを人類は何万年も繰り返してきてるよね~。とかとか?


実はこんな風に「母の死」をきっかけに私の奥深くに眠る潜在意識の中の癒しきれていなかった人間としての根源的な悲しみが反応しているのだとわかりました。


私達は泣き足りないんだな~ってことです。


そう、わかったので、今日からは泣きたくなったら泣く!と決めました。泣き足りないなら泣きましょう。我慢せずに。


シンプルにストレートになり、スッキリしました。


そしてもう一つ気付いたこと。


こればっかりはどうしようもないけど。


母の三次元の肉体がないのが、やっぱり寂しい。姿が見えない。手に触れられない。声を聞けない。香りをかげない。それは、どうしても喪失感として残っています。


毎日触れ合っていた父としてはなおさらでしょう。


だからこそ、今ここに肉体を持つ存在としてあることが有難いと感じます。


パパの大きな胸にぎゅっとしてもらう。長男のひょろひょろの手足に絡みつく。二男のぷにぷにのおしりにほおずりする。


その感触が愛おしくてしかたありません。


折しも、かおりさんは母が亡くなった10月14日が誕生日。


その事実も母の魂の粋な計らいと受け取ってます。


そして、かおりさんともハグをする。私よりちょっと小さな身体。そのぬくもりが有難くて有難くて。


身体と魂と心。全身全霊で生きていく。


そんな存在としての私を嬉しく思いました。



「母と私の鎮魂歌」もそろそろ終わりにしたいと思います。


美しい調べに乗せて、美しく母の死を語ることができたこと。それこそが私の中に間違いなく存在する豊かさなのです。


それは、必ずあなたの中にある。私の意識とあなたの意識は繋がっているから。


だから、信じていい。


私が母の選択を信じたように。父や弟や、パパや子ども達を信じているように。


私はあなたを信じています。


あなたはあなたを信じて。



長い間、本当に最後までお読みいただいてありがとうございました。実際、楽しい作業でした。


これからも、一段とパワーアップしてカウンセリングやヨガクラスを提供していきたいと思っていますので、よろしくお願い申し上げます。



最後の最後に、余談ですが。


前述の黒い蝶ね。ふと気になって、名前を図鑑で調べました。祖母の時の蝶はおそらく「ジャコウアゲハ」ゆっくり優雅に飛んでた。


母の蝶は・・・「ホタルガ」!!!なんと正式には蝶ではなく「蛾」の種類だったのです。


蛾をバカにする訳ではないけどさ、ビミョーに蝶の方が絵になりませんか?


蝶にすればよかったのに、わざわざ黒い蛾を選ぶなんて。


ちゃんとオチまで仕込んで、「じゃっ!!」と逝っちゃった。


も~あっぱれすぎて、そんな母に心から乾杯!!



イマココ対話室 高野理恵








[PR]

# by 060304 | 2017-11-03 14:14 | 感じたこと | Comments(0)

母と私の鎮魂歌③

イマココ対話室だよりへようこそ!


まずはお知らせから。(本日の記事はお知らせの下にございます)



*11月のヨガレッスンスケジュール


6(月)・8(水)・9(木)・10(金)・13(月)・14(火)・17(金)・20(月)・22(水)・24(金)・27(月)・30(木)



*時間:10時~11時30分(変更の場合あり)
*料金:1回のみ700円  10回チケット5,000円  初回体験500円  ヨガマットレンタル100円
*その他:○動きやすい服装でおいでくださいませ。○ヨガマットお持ちの方はご持参ください。○朝食は2,3時間くらい前までに軽く済ませておかれると動きやすいです。○上記日程は変更する場合があります。随時変更・更新しますが、ご予約の際に私まで確認をお願いします。○ご予約は前日の17時までにお願いします。
*コンセプト:ヨガを通して、ご自身の心と身体に向き合い、対話し、気づく・・・そんな時間になることを願っています。


他にご心配なこと、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

イマココ対話室 たかのりえ
takanoriee@gmail.com


絶賛!随時承り中!
TCカラーセラピーのメニューについてはこちら⇒❤❤❤

TCカラーセラピスト養成講座についてはこちら⇒❤❤❤
カラーセラピー以外のカウンセリングについては現在2時間3,000円で承っています。今だけのモニター価格となります(期限は改めてお知らせします)。お気軽にお問合せください!

******************************************************************




母と私の鎮魂歌③


(過去の記事はこちら→母と私の鎮魂歌~序章~


10月10日の朝っぱらから、父からの電話。もう、めんどいな・・・


「お母さんが、倒れた」


よくわからないまま、うちから1分の実家へと駆けつける。すでに救急隊員の方の姿。


まったく意識がないなんて聞いてないよ。


スースー、爆睡してるように寝息をたてながら倒れている母の姿を見た瞬間私は・・・


「強制終了だ」


と思った。


「これは間違いなく母が選んだことだ」


と、直感した。意識してる、してないにかかわらず。


日赤に救急搬送される。右脳に出血があること。すぐに脳内に出血した血液を取り除く緊急手術を行うこと。身体の左半身に障害が残るかもしれないこと。明日までは麻酔をきらさないこと。明日の検査後今後の治療やリハビリを考えて、説明すること。


たまたま、当直だった若い脳外科の先生が穏やかに、親切に説明してくれました。


手術も当初の目的を果たすことができたという事で、父も弟も私も翌日の説明を聞くまでは楽観的でした。


ところが、翌日の検査後の説明は、にわかには理解も、受け入れることも難しい内容でした。


術後、一時は回復の兆しを見せていたのは確かなのです。出血の際開いていた右目の瞳孔が閉じて来ていたので。しかし、再び、開いてきており、それが左目にも表れ始めているのです。出血を起こしたことによって、脳が腫れて来ています。腫れを抑える薬を投与していますが、腫れによって脳の奥の方に、新たに脳梗塞が見られます。生命維持を司る脳幹へと影響がでてくるでしょう。腫れを抑える薬が効果があればいいのですが、これも腎臓へ負担の大きい薬になりますので、使い方を慎重に考える必要があります。再手術は体への負担が大きい事と、脳の深部を傷つけることになるので行えません。脳の腫れは術後2、3日が峠です。


説明で覚えているのはこんな感じ。すげー、私。先生ってこんな時、苦しいのかな。


父が

「それは覚悟しておいた方がいいということですか」と。


「そうですね。」

「・・・・心肺停止状態となったときに、心臓マッサージ等延命を行うかどうか、なるべく早めにご決断ください」


ね、母ちゃんやっぱり決めとったんでしょ?心臓マッサージなんてさせんけんね。


スースー、相変わらず気持ちよさそうに眠っている母のところに戻って、私たち3人は母にすがってわんわん泣きました。


わんわんと・・・・


どうにかならんとか。

どんな状態でも生きとってもらいたか。


こいつら・・・・父と弟に向かってはっきりと、この時ばかりははっきりと言いました。


「これは母ちゃんが決めること!決めたこと!自分たちのワガママや罪悪感で母ちゃんを引き留めるようなことはせんで!どっちでもいい!母ちゃんがしたいようにすればいい。初めて母ちゃんが自分の人生を自分で決めたんだけん。それをぐちゃぐちゃ言わんで!」


あ~やっぱ、書いてると辛いわ。


この日は涙が止まらなかった。何がこんなに悲しいのかわからないくらい泣いた。


母がしてくれたことばかり思い出す。母の愛情の深さを思い知る。

母の苦労だけを思いやる。


私はあなたから愛情をいっぱいもらって幸せだった。でも、お母さん、あなたには何一つ恩返しをしていない。


あなたは幸せでしたか・・・・・?


生と死。表裏一体のもので、どちらが価値があるなんてことはない。


そのはずなのに、生き残っているだけで善で、死んでしまったら悪で。そんな感じの思い込みを私達はしている。


それゆえ、死にゆく愛する者に対して、生き残っている者は憐れみと罪悪感を持って、嘆き悲しむ。


生と死の本質はそこではない。

死は決して悲しいものばかりではない。


そう、知っていたはずなのに、私も泣かずにはいられなかった。


母の選択を信じるつもりでも、涙あふれた。


私がこの前のワークで母を見捨てたから、だから母はこの世、今生で生きて、学ぶことを放棄したんだ。あきらめたんだ。


そんな思いも脳裏をかすめる。


こんなことが突然起こると、人はなんらかの納得できるような理由が欲しくなる。でないと、収まらない。原因があるから結果があるんでしょ?ってその何でもいい因果関係にすがりつきたくなる。この状況を受け入れられるような、理由を何でもいいから誰か教えて欲しい。


父も同じで、最近太ってたとか、運動不足だったとか、料理の味付けが濃かったとか、言わずにはいられない。


後にも先にも、一度だけ、この時だけ、私は父を責めた。


「母ちゃんはもう怒られたくなかったんよ。父ちゃんにこれ以上怒られたくないよーって。考えることも、感じることもこれ以上したくなかったんよ。だから頭の血管が破れたんよ。」


言わずにはいられなかった。


父は「俺が殺したようなもんだ。」とおいおい泣いていた。


そう、父の中でも、おそらく私と弟以上に罪悪感が大きかったと思う。そして夫婦として長年連れ添ったからこその想いがある。弟と私にはうかがい知ることができない大切な想い。


それから心臓が動かなくなるまでの4日間、母のそばにいられる間、私達4人の家族はできるだけ一緒に過ごしました。


安らかに深く深く眠る母の周りで、母の思い出話をして、泣いたり、笑ったり。


それはそれは、穏やかで、幸せな時間でした。私達家族はこんな時間を共に過ごすことができたんだね。知らなかったよ。ほんとなら、元気な母も一緒に味わいたかったな。


少しずつ弱弱しくなる鼓動を繰り返す母の身体は、それでもとても温かで。そんな足や手を握りながら、私達は語り合った。母の魂はきっとそこで同じようにきっと笑っているに違いない。それはずっと感じていました。


母の状況を一度Robeのかおりさんに連絡しました。その返事に「お母さんに白い光をイメージしてあげて」とありました。私が言われたとおりに母の手を握りながらイメージすると、必ず母は赤ちゃんとして出てきます。もうすぐ生まれそうな胎児な感じ。その赤ちゃんの母を白い光でくるんでなでなでしてあげてました。


「かわいいね。大好きだよ。愛してるよ。ありがとう。ありがとう。ありがとう。。。」

そう言いながら。


母はすでに次のステージへの準備に入ってるんだろうなーと感じました。そう思うと悲しいばかりでもなく、落ち着くこともできました。

改めて、母がベストな選択を行ったのだと信じることができました。


そう、弟にも言ったら、「どんな風にすればいいと?」って聞いてきた。それからは彼もイメージし続けてたんだと思う。


14日の早朝、病院に泊まっていた弟から電話があり、血圧が下がってきているからすぐに来るように言われました。着いたときにはすでに、母の心臓は動かなくなっていました。


とても静かで、穏やかな、さらに深い眠りへとつくような、安らかな最期でした。


一度も苦しむことなく、私達家族への負担も最小限に抑えるように気遣って、潔く、見事な最期でした。


やっぱり、母にはかなわないな~。


母と私の鎮魂歌もデクレッシェンドしていきます。


次回の記事で終わりにしたいと思います。今日もありがとうございました。










[PR]

# by 060304 | 2017-10-31 16:16 | 感じたこと | Comments(0)

母と私の鎮魂歌②

イマココ対話室だよりへようこそ!


まずはお知らせから。(本日の記事はお知らせの下にございます)



*11月のヨガレッスンスケジュール


6(月)・8(水)・9(木)・10(金)・13(月)・14(火)・17(金)・20(月)・22(水)・24(金)・27(月)・30(木)



*時間:10時~11時30分(変更の場合あり)
*料金:1回のみ700円  10回チケット5,000円  初回体験500円  ヨガマットレンタル100円
*その他:○動きやすい服装でおいでくださいませ。○ヨガマットお持ちの方はご持参ください。○朝食は2,3時間くらい前までに軽く済ませておかれると動きやすいです。○上記日程は変更する場合があります。随時変更・更新しますが、ご予約の際に私まで確認をお願いします。○ご予約は前日の17時までにお願いします。
*コンセプト:ヨガを通して、ご自身の心と身体に向き合い、対話し、気づく・・・そんな時間になることを願っています。


他にご心配なこと、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

イマココ対話室 たかのりえ
takanoriee@gmail.com


絶賛!随時承り中!
TCカラーセラピーのメニューについてはこちら⇒❤❤❤

TCカラーセラピスト養成講座についてはこちら⇒❤❤❤
カラーセラピー以外のカウンセリングについては現在2時間3,000円で承っています。今だけのモニター価格となります(期限は改めてお知らせします)。お気軽にお問合せください!

******************************************************************


『母と私の鎮魂歌②』(過去の記事はこちら→『母と私の鎮魂歌~序章~』 『母と私の鎮魂歌①』


私は母を全身に憑依させ、エネルギーを両親へとダダ漏れさせたまま、10月5日Robeのセラピスト仲間みーちゃんちに行きました。ヒプノセラピーの自主練習会です。かよちゃんと初めましてのみほちゃんも一緒。


両親のモヤモヤをみんなに聴いてもらいました。私はみんなを深く信頼しているので、素直に話せます。思えば、Robeでの講座やワークでも母とがっつり向き合ったことはなかった。


んじゃ、お母さんと向き合ってみようか!?


ってことで、私がクライアントとなり、催眠状態ではなく目を開けた状態でエンプティチェアテクニックという心理劇を用いたワークをみーちゃんにファシリテートしてもらいました。


やるからにはいつだってガチです。


母を対面のクッションに座らせてみる。観察する。

でも、私の中の母を直視できない。泣いてる。

私もすぐ涙が出てくる。もうギリギリだったんだね。


出てきた言葉は


「もう私を解放してください・・・・!」


もう私を解放して!解放して!解放して!自由にしてください!


苦しくてたまらんのです。不自由で、息苦しい。あなたのことが気になって気になって仕方ないのです。私が私の人生を歩けないんです。いつだってあなたのことを通してしか物事を進められないんです。あなた以外の、私自身の人生に全身全霊で向き合うことができないんです。私が私として実感をもって生きられないんです。それがずっと苦しいのです。あなたを守るために私は私の人生をかけてきました。それがわかったんです。


だから。


私を解放してください。。。。


母にしたら迷惑な話でしょう。だって、直接、母から頼まれたわけではないんだから。


だけど、私の中の母はとても無力で、悲しくて、寂しくて、いつも必死で、不安でいっぱいの人だった。


言いたいことを言ったので、今度は私が母になってみる。


で、やっぱり、不安なの。


母の弱さを証明するように出てきた記憶。


若くして亡くなった母の母、つまり私の祖母が出てきました。


祖母は母が高校を卒業する年のある寒い冬の日、仕事から帰ってきてすぐ、心臓発作で亡くなりました。


母に入った私は祖母に訴えます。


生きていて欲しかった。結婚するときも、出産するときも不安だった。ずっとそばにいて欲しかったのに・・・!!


祖母になってくれたみほちゃんが涙ながらに伝えてくれました。

「ごめんね。そばにいてあげられなくてごめんね。だけど、私の魂はあなたのそばにずっといて、ずっと見守ってきていたの。あなたのそばにずっといたの。」


そう言われたら、かすかにだけど、確かにほっと緩むように癒されるのを感じました。そうだよね。生きてる人間はいつだって死者の魂を感じながら生きることができる。


それと同時に私は祖母の代わりに、母の母としての役割をも担おうとしていたのだと気づきました。娘として母を守るばかりでは飽き足らず、母親とし

て娘を守ろうとしていたのです。


すさまじい癒着。母と私は、母親と娘という役割を交互に演じながらこれまで生きてきたんですね。


ここでひとつ思い出すことがあります。


ユング心理学において「自己実現」あるいは「個性化」という自己の成長・成熟へとたどる過程があるという概念があります。その過程でその都度、その都度、向き合い、乗り越えなければならない対象が立ちはだかると。


代表的な表現が「父親殺し」「母親殺し」と言われるものです。物騒な表現ですが、あくまで比喩的であるにしても、しばしば「殺す」ほどの対決と決別を起こすエネルギーを必要とする。わかりやすく言えば反抗期みたいなもん。


でも、このいわゆる反抗期なんて生ぬるい。決別になんか到底なりえない。そもそも親にも子にも本当に決別する覚悟なんてありはしないのだから。


そして、これはユングの特徴的な考え方なんだけど、表層的な親と子の対決では収まるものではないらしい。父が厳しいから反抗するとか、母が甘やかすから離れようにも離れられないとか、個人個人のレベルで「父親殺し」や「母親殺し」のような衝動が現れるのではなく、実はもっと奥深い個人の無意識を超えた、集合的無意識の中から湧き出る衝動であるというのだ。


個人的な母親を超えた集合的無意識の中から現れる母性の象徴、それを太母(グレートマザー)と言います。


太母の性質。


無条件の愛で包み込み、慈しみ育む一方で、束縛し、飲み込んでしまうこともあると。


母と私が「母と娘」の役割を交代で演じながら、お互いに包み込んでいるかのようにみせながら、実はすっかり飲み込んでいたんだと気づきました。


私の中にすでに元型としての太母が現れていて、母の個性化を邪魔していたのかもしれない。


放していないのは私の方だったのです。その罠に自ら陥っていた。


そう気づいたからと言って、感情はすぐにおとなしくなるものでもありません。


私は母の中に入ったまま、私の役をしてくれているかよちゃんのまっすぐな強いまなざしにすがりついてしまうのです。


お互いに離れないといけないのはわかっている。わかっているけど、一人で立っていける自信はない。口やかましい夫に、また、負けてしまうんだ。


「私はもう大丈夫。りえを解放します」なんて、お利口さんの答えを私役のかよちゃんは許してはくれなかったしね。「ホントはどうなの?」ってすぐに食いついてくる。


「私をおいていかないで」ってやっぱり思ってしまう。


そこでもう一つイメージワークを入れてもらいました。


母として父にふりまわされていない自分自身を想う。

私は夫にきちんと気持ちを伝えることができる。

私は嫌だという事もできる。

ケンカだって恐れない。

怒鳴られたとしても。

それは夫の問題。私は私に向き合い続けるだけ。

私は私。


・・・・・・・・うん、できる。できた。


この時、私は母を信じたのです。母の底力と選択を信頼できると思ったのです。


私が母をすっかり飲み込んで、母の力を削いで、信じることを怠っていた。


愛と思っていたものは、とても中途半端で、ゆがんだものだった。


その時やっと、私は母を解放し、私の中の母は私を解放した。そんな手ごたえを感じることができました。


そのわずか、わずか5日後の10月10日朝、母は脳内出血を起こし、意識不明の状態で自室に倒れていました。


母と私の鎮魂の調べはクレッシェンドしていって、ついにフォルテッシモを迎えます。


その話はまた次回。今日もありがとうございました。






[PR]

# by 060304 | 2017-10-30 00:17 | 感じたこと | Comments(0)
line

TCカラーセラピーと子育てと日々の生活について感じるままに、情熱的に光のように放ちます。


by イマココ
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30