人気ブログランキング |

<   2016年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧


スピード

a0075133_22061040.jpg

今日もヨシムタで子どもから大人まで、1秒でも0.1秒でも速く駆け下りようとしのぎを削っておられました。
ホントにみんなぎりぎり、すれすれのド緊張のバトル。

なんで人は「速さ」ってものに魅了されるんだろう?

って、考えた。

たぶん原始時代、獲物を追って速く走れる人は尊敬されたんじゃないか?素早い動きで鹿とか仕留めた男はモテモテだったんじゃないか?

だから、「速さ」は憧れだったのではないか!?ってね。なんの根拠もないけど。

マウンテンバイクをまるで自分の体の一部の様にして鮮やかな風のように駆け下りる様には感動すら覚えます。(写真は熊本の星タローくん。いつもとても魅力的な走りを見せてくれる。ドキドキする。)

時代は進み、生きるために身体能力としての「速さ」はあまり必要じゃなくなった。そのかわり「早さ」が必要になった。

仕事が早くて、さっさと終わらせちゃう人。生産性が抜群な人。うん。素敵。たぶんモテる。憧れる。

そうやって、私達はやっぱり「はやさ」という概念の持つ価値観から離れられずにいる。

あたりかまわず。ところかまわず。

なにをそんなに焦っているのだ?どうしてそんなにせかす必要がある?

自分も。子どもも。

急ぐべきところか?じっくりいくところか?場面場面で考えてもいいんじゃないかと思っています。だって、じっくり周りを見回して、味わいながら進んだ方がいい時だって絶対にあるし。

今日みたいにとことん「速さ」を追及して楽しめることだってあるだろうし。

今日のレースではプロの選手の素晴らしい走りはもちろんのこと、子ども達(わが子ではなく!)も大活躍でした。将来が楽しみ。

スピードを楽しみ、追求しているこの今の瞬間を大切にじっくり味わってもらいたいなーと思いました。





by 060304 | 2016-11-20 22:05 | Comments(0)

yoga指導者養成講座@マナ

yogaの指導者になるための講座を受講し始めました。今、まじでインプットしまくってる。でもとりあえず、これが終わったら新しい事に目が向くことはないと感じてます。しばらくは深めるのみ。

yogaはKumaRi先生に出会った当初「リエちゃん、養成受けない?」って誘われた時から決めていたような気がしている。

ただ、以来5年ほど決心がつきませんでした。

だって、、、

きつくて嫌いなポーズいっぱいあるし、養成期間はベジタリアン生活だし、終了試験だってあるし、宿題いっぱいあるし。。。。

まじで、びびってました。初日、向かう車の中で吐きたくなるくらい。泣きながら後悔した。「なんで受けるって言っちゃったんだろう?」

同時にこの緊張というより恐怖が異常だということは気づいていました。

私の中の何かが反応している。

で、ヒプノセラピーをブラッシュアップ講座の時にやってもらいました。ヒプノ仲間のハルハルと先生のかおりさん2人体制。

出てきたものは、やっぱり父からの呪縛でした。これって、どんだけあるんだ!?

私は立派じゃなきゃいけない。落ちこぼれちゃいけない。できなきゃいけない。ドロップアウトなんてありえない!
でなきゃ、大好きなお友達から嫌われる。ばかにされる。がっかりされる。そして、父からも愛してもらえない。。。。

そういう呪縛にかかっていたのでした。

根強いね~この呪縛。でも、ほんとわかってスッキリしました。

ヨガ養成の場合、KumaRiに嫌われるのが怖かったんだよね。でも、彼女はそんなことで嫌ったりしないし。

だから、ちょっとクラスに行くのが楽になりました。

いきなり、自分と向き合う事を余儀なくされたわけですが、養成期間中、そんなことがいっぱいあると思います。

yogaとは、身体と呼吸と心を統一する一つのツールなのだそうです。すると初めて他とのコミュニケーションがとれる。自分の中のアンバランスを整えることができる。
そう、yogaはまさに人生。

ヒプノで学んだ心を存分に生かして、アンバランスな自分を体と呼吸で調和させていく。その方法を学びたいと思います。そしてできれば私の周りの人にも伝えられたら素敵だな~!!

もうね、さっそくベジタリアン生活が辛い。動物性のものを完全に抜いています。肉、魚。だから当然コンソメとか鶏がらとかかつおだしとかも摂りません。あと、大好きなビールやワインでしょ。カフェインも。

だから、なにが食べられるか1日中食べ物のことばっかり考えてる。

そして気付いた。どれだけ私が胃袋(体)の欲求ではなく、頭でモノを食べていたのか。

甘くておいしそうだから食べる。残っていてもったいないから食べる。疲れたから食べる。刺激が欲しいから食べる。そこにあったから食べる。

身体からの単純で純粋な生きるための食欲から食べていることなんか、ほとんどなかったなあと。

生きるために食べるのではなく、すべてが美味しくて楽しいっていう刺激が欲しいから食べるとなっていた。

美味しくて楽しい食事が悪いというわけではなく、脳の刺激を求める欲求のまま、ただ何となく食べていることがどんなに多かったかと驚きました。

今、私のスイーツと言えば、フルーツです。みかん、ばなな、りんご。これがめっちゃ甘い。美味しい。レーズンとかドライフルーツになったら激甘!!

でもチョコとかケーキとか自由に食べられるのであれば、フルーツは選ばない。チョコ、ケーキのほうが刺激が強いもん。

どっちが身体にいいかとかそういうのは横に置いておいて、より強い刺激を求めずにいられない私の心が問題なのじゃないかって思った。


どーでもいいかもだけど、進撃の巨人の中で切り裂きケニーが死に際に言います。確かこんなこと。
「この世界、人は何かに酔ってないと生きていけねえんだ」

お酒?タバコ?スイーツ?

あるいは、仕事?子育て?趣味?

刺激に酔って感じるべきことに感じないで、まやかしの楽しさに酔いしれたまま、死ぬまで生きるか。
強い刺激はないけれど、ただただ、自分の内面から湧き上がることをじんわりと感じながら、生きるか。

どちらでもいい。好きな方を選べばいい。

でも、ほんと、まやかしのワインじゃもう、ごまかしきれなくなってるから。そう私の中の私が言ってるから。
私のことを私が感じてあげたいなーって思うようになりました。

まだね、養成クラスに行くのは怖いけど、怖い理由を私はちゃんと知っている。そしてちゃんと怖がってる私を受け止めている。

それでいいんだと思うんだよね。

きっとこの養成が終わるころには笑話になってるはず!

養成レポートまた書きますね。






by 060304 | 2016-11-18 13:45 | Comments(0)

伝える

認定証を頂きました~。
a0075133_15395120.jpg

カラーセラピーをするだけじゃなくて、伝えることができるようになります。
Robeに生徒として行くようになって、伝えることでどれだけ人が癒され、成長していくのか身をもって体験しています。

人は死ぬまで成長したいと願ういきもの。って多恵先生が言ってた。

その願いを「伝える」ということで叶えることができる。

カウンセリングとはまた違った方法で、周りの人の幸せになりたい願いを叶えることができるのならば、それはそれで全然オッケーなんだ。

道は違っても、目的は同じ。だから全部オッケー。

セラピストとしてもトレーナーとしても、結局は伝えたいことは同じだからね。当然と言えば当然。

私なりの熱い講座ができたらいいなと思っています。

詳しくは準備ができ次第お知らせします。






by 060304 | 2016-11-09 15:38 | TCカラーセラピー | Comments(0)

セラピーに行こう❗

a0075133_14295649.jpg
この約1月の間にセッションを二つ受けました。一つは最近入り浸っているRobeの多恵先生の「サードメディスンチェック」と、ヒプノセラピーの学びを共にしたハルハルの「すまいるすごろく」です。

「サードメディスンチェック」は香りを嗅いで、人の体質や性質をひっくるめた「質」を知り、よりバランスのとれた体と生き方を探すもの。(詳しくはこちら
これでもかってくらい偏ってて、正直、ショックでした。ヒプノセラピーを学んで、私が私自身に何より寄り添うことが大事ということがわかったはずなのにチェックであらわになったものは

人の為にやりすぎる
空気を読みすぎる
だから疲れる
なんでも溜め込む・・・・だって!!

私、まだそんななの?!と思った。でも多恵先生いわく「ヒプノやったからって、そんな簡単に変わらんよ~」
ですよね。そんな感じで40年余り生きてきたんですから。いっそのことそっちの方向でとことん突き抜けましょうか。。。

そして、もう一つ「すまいるすごろく」これはコーチングです。実はコーチング初体験。だけどすごろくってだけでおもしろそうでしょ。(ご興味あられる方はご連絡ください。)
うん、おもしろかった。
ハルハルに「なんでそんなにストイックなん?」って言われた。ウケました。「男みたい」んよね。たぶん。そして「熱い」んよ。私。こと、ワタシ自身が行うカウンセリング全般に対して。クライアントさんに対して。私に対して。

サードメディスンで言われたこととすまいるすごろくで言われたこと、二つは一見反対のことのように感じるけど、実は根っこは同じじゃないかと思った。人の為にやり過ぎて、厳しくて、どんどん私もストイックに追及してって・・・

友達のエツコが言ってたっけ。「自分のことをMだと思っていても突き詰めるとホントは違う。Sなんよ。他人に対してSなんじゃなくて自分に対してSなんよ。」
納得~!

なかなか私の体質・性質をバランスよく調整するのは大変な道のりらしい。それがこの二つのセッションでわかりました。そしてすごく面白かったし、ためになりました。

自分のことをまた違った視点から眺めることができます。そして愛することができます。私ってばしょうがないな~って。

私はカラーセラピーという仕事をし始めてから、各種セラピーを受けるのも上手になりました。自分自身を大切にするってことがいかに必要かわかったから。

以前は、マッサージ一つ受けることもイケないことの気がしてた。贅沢な感じで。そんなに頑張ってるの?なんて自問自答したりして。もうそう思う時点で健康じゃないって今ならわかる。

アメリカではセラピストのところへ通うのは当たり前になってる感じなんだって聞いたことがある。自分を大事にするからかな。でも、日本じゃまだまだ私たちの仕事は特殊なイメージが強い。敷居が高い?

そんな感じでどんどん溜め込んで、だんだん悪くなって、身体壊して、にっちもさっちもいかなくなって病院へ駆け込む。

そうなる前にセラピーに行こう!

今は本当にいろいろなセラピーがたくさんあります。

どんどん試して、自分にあったセラピーやセラピストを見つけてください。

ほっとするセラピー?元気になるセラピー?目標達成のためのセラピー?

すると、自分自身に近づいていくことができるようになると思います。自分の体、自分の気持ちに目覚める。それがどんなに安心感をもたらすことか。

不安なのはわからないから。自分のことなのにわからないから。

自分のことがよくわかっている人はホントに魅力的だなと思う。自信にあふれてるもん。

私もどんどん自分のこと知っていくつもりです。まじ、こんなにストイックなんて思ってなかったし!!

皆さまもぜひ本当のご自分と会ってみられたらいかがでしょう?おすすめです。

そうだ!セラピーに行こう!!







by 060304 | 2016-11-07 14:29 | 感じたこと | Comments(0)
line

遊んでるように生きる。気づきの記録。


by イマココ対話室
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30