人気ブログランキング |

<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧


バカ❤


a0075133_13035073.jpg
北九州でボクシングジムの会長をしている友達から嬉しい新聞の記事を見せてもらいました。中学生チャンピオンが4人!?スゴイ!!!!!

会長のでっくん(昔から私はそう呼んでいる)は大学の時ボクシング部で私はマネージャーで。ほとんど毎日顔を合わせていた。部員全員いいヤローばっかり。
若かったし、純粋だったし、青かった。勉学の方はほんとそっちのけ。
夜な夜な、誰かのうちに集まっては酒飲んで、くだまいて、語り合って。。。。

少しでも少しでも、確かなものをつかみたいともがいていた時代。私には彼らはそう見えていた。

その中で、でっくんはすでに出会っていたんだ。見つけていたんだ。ボクシングの世界で生きるということを。

でっくんは自分のことを言う。「ボクシング馬鹿」「夢追人」だって。

それを聞いて「あ~この人は昔のまんま、なんもかわっとらんな~」と思った。

わいわいしょうもないことで騒ぎながら過ごしたあの時代のあの情熱は今もまったく色あせず、それどころかますます輝きだしている。

そんな愚直なまでにひたむきな「ボクシング馬鹿」の夢にのっかって、当時の仲間が後援会を作っていた。遠慮がちに参加させてもらった。懐かしい面々が名を連ねている。それぞれがそれぞれに確かなものを信じて、それぞれの道に進んでいった面々。たぶんね、でっくんの夢に自分の忘れてしまいそうな、でも忘れたくない夢や想いをのっけたくなったんだと思う。私がそう感じたように。

でっくんにいい刺激をもらったな。あの「ボクシング馬鹿」に。

私も負けてられん。たぶんみんな気づき始めてると思うけど私も「セラピー馬鹿」だよ。

「馬鹿」って言葉刺激が強すぎるかなと思って、いろいろググってみたけど。愛すべき馬鹿って意味も十分にあるよね。

なかなかね、理解できない人には理解できない。何やってんのか、意味が全く分からん。と、思われると思う。でもやらずにはいられない。世界中の人にわかってもらおうとは思わん。大切な誰かにさえわかってもらえれば。だから、そんな周りの人にきっと言われるんだ。

「バカ❤」って。




by 060304 | 2016-10-24 13:03 | 感じたこと | Comments(0)

またひとつ・・・

先般、ハロウィンモチーフのアイシングクッキーをFBでアップしたところ思いのほか、たくさんのリアクションを頂きありがとうございます。とっても嬉しかったです。

で、改めて思いました。

みんな、かわいくて、美味しいものは大好きなのね!

私も初めてのクッキー型で作るときはテンションあがります。でも、もともとセンスがあるわけでもないので、デザインはもっぱらネットで調べて私でもできそうなものを拝借します。それは作っていて楽しい。

でも、そもそも私がアイシングクッキーを作ろうと思ったのは、カラーセラピーを受けに来てくれたクライアントさんへ、その日のセッションでのテーマカラー(ヒーリングカラー)のプレゼントをして、セッションを後々の日々に活かしてほしかったからです。

だから、当初はカラーボトルの色と同じ14色のクッキーを作っていました。イベントに持っていくと14色1枚ずつというわけにはまいりません。1日に数名のセッションをする訳ですから、5人のクライアントさんが全部赤を選ぶかもしれない!その可能性も否定できず、1度のイベントで約50枚くらいは用意していました。

で、そのうち。。。私はセラピスト?クッキーやさん?って疑問がわいてきた。そらそーだ!完成させるまでに私はどうしても3日かかってしまう。正直、ちょっときつい。

だから、そんなに用意するの、やーめた。

クッキーに今まで費やしていた時間とエネルギーをセラピーに注ごう!

そう、思っている訳でございます。


でも、たまには作りたい。単純に。楽しいから。大切な人たち。大好きな人たち。お世話になっている人たちにプチプレゼントして喜んでもらいたいし。

今はそんな気持ちで作っています。趣味とか特技です。


でもでも、セラピストが作る割にはクオリティーが高いんですよ。そうらしいんですよ。自分で言っちゃうけど。でもそれは私のせいじゃない。

ずぶの素人でもこれだけのクオリティーのアイシングクッキーができる技術を叩きこんでくれた私の師匠のせいですよ。

そのせいで、「教えてください」とか、「お店に置きたいから、売ってください」とか言われるんです。

ほんと嬉しいっす!マジ、あざーっす!お金と時間とエネルギーを注いだ甲斐がありますわ!では、どうしよう!?

・・・って、違う!

私はクッキー職人でもないし、そもそも販売許可なんてとってないし、講師認定だってとってないし。
のないない尽くし。

すみません。ホントは私、カラーセラピストな訳です。そして今はヒプノティストを目指し、絶賛勉強中な訳です。

喜んでくれるなら、売ってあげたい。喜んでくれるなら、教えてあげたい。(実際はできひんけど!)

そんな、気持ちは山々ですが、そろそろ手放します。

わかってんの。その気持ちの裏にある私の底なしの承認欲求。他人からの期待にこたえたい欲求。ブレブレの自分軸。

手放します。

だから、なにも無理して書かんでもいいと思ったけど、敢えて書きました。自分自身に宣言するために。

その変わり、といったらなんだけど私の素敵なアイシングクッキーのお友達を紹介します。彼女たちは真剣にまっすぐにアイシングクッキーに情熱を傾けていらっしゃいます。そんなレッスンとクッキーは私みたいななんちゃってクッキーと比べたら失礼です。込められている魂が違います。

まず、10月15日、明日!私とレッスンを共にしてくれたかわいい亜美ちゃんのワークショップ!クッキーももちろんかわいいけど亜美ちゃんもかわいい016.gif
次は、一度だけレッスンをご一緒させていただいた西岡先生。お会いしたとき、すでにプロでした012.gif
最後にラスボス。私の師匠010.gif
と、クッキーに関して手放し、丸投げできましたところで、私のカラーセラピー(本気)&ヒプノセラピー(実験台)まだまだ募集中ですのでご連絡お待ちしております!











by 060304 | 2016-10-14 11:07 | 感じたこと | Comments(0)

世間体

昨日、ヒプノセラピー中級のフォロー講座を受講してまいりました。
主にワーク、ワーク、ワーク・・・

うすうす気が付いていて、そのまんまにしていたことをそぎ落としてまいりました。
この際なので、クライアント役、立候補!ガチのセッションです。(いつだって!)

今回は嫌いな人や苦手な人と向かい合うというワークをお願いしました。
だって、腹立つんだもん。イライラするんだもん。虫唾が走るんだもん。
それほど、嫌いな人。

でもね、私の今回の場合、直接いじわるされた訳ではないんです。
なのに、怒りすら覚えるって私の内的な問題って臭いぷんぷんする。


催眠という状態ではなく覚醒した状態で始まります。その人は対面に座らせる。イメージ。
想像するだけでもいや!だけど、我慢して言いたいことをぶつける。お互いの役になりきって。

するとねー、とうとう出てきやがった。ラスボス。

やっぱりね。

父だった。

父からの「世間体」という呪い。呪縛。

父の世間体を守るために私も縛られてきた。

ずっと前にこのブログでも書いたと思うけど、学生時代に親にだまってタバコを吸っていた。家の近くのファミレスかなんかでたぶん友達と吸ってたんだと思う。それを見かけた私の顔を知ってるご近所さんがご丁寧に私の父にお知らせしてくださった。

それを聞いた父は激怒して私を怒鳴った。

「俺の顔に泥を塗って!!!!!」

と、殴られた。

「?」問題そこ?

強烈な父の世間体の記憶。そして私は愛されていないのだという暗示をまた一つ強化した出来事。


でもねーもう、セッションの中で父に対する強烈な怒りは湧いてこなかった。

「私の人生は私が幸せだと思う方向へ私自身の足で歩きます。だから、あなたもあなたの幸せを見つけてください。」

そう、宣言して、決別するだけでよかった。

実際に言うかどうかは別として。

私が父の世間体に捉われていて、それにそぐわない人を無意識に攻撃していた。だから、嫌いだったんだ。

そう思うとほんと、嫌いだった人が、私に新しい価値観と刺激をくれるスパルタ師匠に見えてくるから不思議。

もう、その方を見かけても心乱されないと思う。



かおり先生が言ってた。
「私たちは幾重にも幾重にも、自分ではない誰かの価値観、常識、思い込み、暗示に縛られている。」

それはまるで記憶という地層に命を持ったまま固まり、閉じ込められてしまった化石のようだと思った。
未解決であるが故に
自分自身ではないが故に
くすぶり続けている。


その自分の中に巣くう自分ではないものを丁寧に優しく発掘していく。
ひとつひとつ。ゆっくりゆっくり。

それが自分を愛するということ。

私は今回一つの地層の中の一つの化石を発掘しました。
くすぶりがなくなり、軽くなりました。

これが思考がシンプルになるということなのかもしれないと、初めて実感として得ることができたように思います。

発掘と同じ。地道な作業ですな~。

でも、やりがいがあります。

笑顔になるから。すがすがしいし。みんなこうやって生きていけたらいいのにね!っておススメしたくなる。


。。。というわけで、前置きはこのくらいにして(前置きだったの!?)

ヒプノセラピー体験したい方、大募集!
レポートとらせてください!
ご連絡、お待ちしております!








by 060304 | 2016-10-05 14:21 | ヒプノセラピー | Comments(0)

運動会~2016

この前の日曜日はみにきんずの運動会でした。

今年は2人だからそこそこ暇じゃない感じ。

しかし、めっちゃ暑くて。

家族皆で汗だくだく。


みにきんず、成長してた。

汗が…

臭い…

男臭い…

かろうじて。

めっちゃ、頑張ればだけど

1号ははなから無理だけど、まだ2号の汗だくの頭はクンクン嗅げる。


それが救い。

a0075133_11501419.jpg
a0075133_11501697.jpg





by 060304 | 2016-10-05 11:48 | Comments(0)

ヨガ~復活と新感覚~

10月1日新月。新しいことが始まる日。数か月ぶりにヨガのレッスンに行きました。

6年来の私のヨガの先生KumaRiが深い学びを経て5か月ぶりにスタジオに帰ってきたのです。そら、行かないわけにはいかん。

申し込みの連絡に「ハグしに行くけん」と私は書きました。とりあえず会ったら、「頑張ったね」とねぎらいたくて。

ところが、実際。KumaRiの顔を見た途端、ハグ。そしたら涙が止まらなくなった。ねぎらうどころか、受け止めてもらった。

レッスンに入る初めのシャバアーサナの時にも、KumaRiの声を聴いていたら、止まってた涙がまたあふれてきて困った。一人で泣いてた。

それが訳わかんなくて、自分と向き合うヨガとなりました。



KumaRiは私にとってまったく宇宙人で。対極にいるような女性。お友達も地球上いたるところにいる感じ。とても理解できない。

だからこそ惹かれる。憧れる。そして、嫉妬もする。

近づこうにも近づけない。・・・なんだか、めっちゃ片思いしてるときと似てる。期待していいのかなとウキウキしてたら、普通に突き放される気もして。


だから、不安だったのだ。
私の想いや心配なんて、KumaRiにとってみたら、その他大勢の一つなんだろうなと。


だから、私は私の場所で、彼女の為に祈っていようと心に決めていた。

でも、会ってハグしてわかった。

私の不安とか心配とかそんな気持ちをやっぱり伝えたかったんだ。受け止めて欲しかったんだ。KumaRi本人に。

あー、やっぱり私は甘えんぼ。


そんな気づきのある、KumaRiの声によるヨガは新たな感覚でした。

彼女の声が私の耳を通り、全身の骨や筋肉に伝わる。

頭や胸あたりでしか感じ取れない意識を、足の親指のつま先まで伸ばす。

あたたかいエネルギーの感覚が体の隅々にまでいきわたる。

この肉体は丸ごと私だ~

普段無意識に動かしている体に意識を向けることで、身体感覚が呼び戻され、意識と無意識が体の中で溶け合ってエネルギーが生まれる。

力みなぎる感じでレッスンを楽しむことができました。

これもヒプノセラピーの学びの効果だと思いました。ヨガも瞑想だもんね。

おかげで全身筋肉痛~

また定期的に通いだすぞ!と思ったのでした。


6年前KumaRiと初めて会ったとき、「太陽のような女性だな」と思いました。今でも鮮明に覚えてる。そして、今回も「あ、やっぱり太陽だ」と感じました。その輝きは全く衰えず。


私は太陽にはなれねーなー。やっぱり。でも、光は届くから。たとえ、地球の裏側を照らしていても、いずれこっち側に回ってきて、照らしてくれるから。

ヨガをしてるとき、KumaRiの声で体という無意識に光を当てる。その光はKumaRiの魂。

今回の復活ヨガで私は初めてその魂のかけらを受け取ったのだと思います。

まさに新感覚。

皆さまもヨガいっしょにしませんか~?

自分の中に潜んでいたエネルギーに気付けますよ!









by 060304 | 2016-10-03 15:11 | 感じたこと | Comments(0)
line

遊んでるように生きる。気づきの記録。


by イマココ対話室
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31