カテゴリ:みにきんずの今日この頃( 37 )


「不安をあおるか、安心をもたらすか選べます」

イマココ対話室へようこそ!


はじめに・・・


≪お知らせ≫

*イベント

 カラーの日@アトリエYurika 『実りの秋!より成熟した大人になるワーク』『話題沸騰!ヒーリングカラーで作る爽やかハーバリューム!!』


*9月のヨガレッスンスケジュール


1(金)、4(月)、6(水)、7(木)(カウンセリング勉強会参加の為)、8(金)、11(月)、13(水)、15(金)、19(火)、21(木)(カウンセリング勉強会参加の為)、22(金)、25(月)、

27(水)、28(木)、29(金)


*10月のヨガレッスンスケジュール


2(月)・4(水)・10(火)・11(水)・16(月)・18(水)・19(木)・23(月)・25(水)・27(金)・30(月)




*時間:10時~11時30分(変更の場合あり)
*料金:1回のみ700円  10回チケット5,000円  初回体験500円  ヨガマットレンタル100円
*その他:○動きやすい服装でおいでくださいませ。○ヨガマットお持ちの方はご持参ください。○朝食は2,3時間くらい前までに軽く済ませておかれると動きやすいです。○上記日程は変更する場合があります。随時変更・更新しますが、ご予約の際に私まで確認をお願いします。○ご予約は前日の17時までにお願いします。
*コンセプト:ヨガを通して、ご自身の心と身体に向き合い、対話し、気づく・・・そんな時間になることを願っています。


他にご心配なこと、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

イマココ対話室 たかのりえ
takanoriee@gmail.com


絶賛!随時承り中!
TCカラーセラピーのメニューについてはこちら⇒❤❤❤

TCカラーセラピスト養成講座についてはこちら⇒❤❤❤
カラーセラピー以外のカウンセリングについては現在2時間3,000円で承っています。今だけのモニター価格となります(期限は改めてお知らせします)。お気軽にお問合せください!


::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::



ある夜、みにきん2号(小学2年生)が突然つぶやきました。

「俺もカウンセリング習ってみたいな~」


「え?なんで?」

予期せぬつぶやきにどぎまぎの私。


2号「だって、人の悩みをどうやって解決するんだろうなと思って」

私「やりたいならやってみたらいいよ」

2号「やりたいことがわかんないんだよね~」

私「そのうちわかるよ。あんたの魂はそれを決めてママたちのところに生まれてきたんだから」


妖怪ウォッチのおかげで「生まれ変わる」という概念は子ども達にすっと入っていきます。イケメンのエンマ大王が言ったことがあるからです。

「人間は生まれ変わって妖怪になる。妖怪は生まれ変わって人間になる。だから妖怪と人間は仲良く生きていかなければならない」

なんてこと。


「生まれる前のところってどんなところ?」

「何回も生まれ変わるの?」

「なんでやりたいこと、おれ、わからんと?」

こんな疑問もどんどん湧いてくる。


私も楽しくなる。

そして、堂々と伝えることができる。


「大丈夫。生まれ変わる前にあんたの魂はこのパパとママのところに行こう!と決めて、この人生で何を勉強して、何をしようってちゃーんとわかってるんだから。」

「ユーチューブ見ても、ホントはいいんだよ。それがあんたの魂が求めてることだったらね。ママはそうは思えないから見過ぎないで言うんだよ。」


「それはわかってんだけどねー。見たいんだよねー。」


「だよね。今は見たいんだよ。今はね。そのうちわかるよ。」


「あんたの魂はちゃんと知ってる。わかってる。だから、あんたは本当は何になってもいいし、何をやってもいいんだよ。」


今、私達は大切なことを話している。そう思ったらドキドキわくわくした。


時間にして、ほんの数分にしか過ぎないけど、とんでもなく貴重な時間を過ごせたことに感謝した。


ほんわか~な気持ちになりました。たとえ日頃不安にかられて、口やかましくしていたとしても、それも必然だって知ってる。それでも、子ども達は大丈夫なんだと信じられる。


親として、本当に子ども達に伝えたい大切なこと。きちんと伝えられることに喜びを感じます。不安ではなく、どこまでも信頼を。恐怖ではなく、できうる限りの安心を。


Robeでの学びはカウンセリングだけでなく、子育てにおいても大きな安心感をもたらしてくれました。感謝です。


イマココ対話室ヨガクラスでは、こんな小話もちょいちょい挟んでます。小話で済まなくなる時もあるけど・・・ぜひ、一度足を運んでみられませんか?










[PR]

by 060304 | 2017-09-28 12:00 | みにきんずの今日この頃 | Comments(0)

子どものケンカに介入してみた!

イマココ対話室4月以降のヨガクラスについてはこちら⇒★★★
       TCカラーセラピスト講座についてはこちら⇒❤❤❤
****************************************************************************

基本的には子ども同士のケンカには口を出さない主義です。聞いてるけど。

春休みに入る前の1、2週間ウチにみにきんずのお友達がほぼ毎日遊びに来ていて。マックス合計8人くらいになってた。
毎日だと慣れてきます。同じ空間にいてもコタツでお昼寝だってしちゃうもんね。
基本、全員我が子みたいに呼び捨てになる。
ゲームずっと何時間もやりっぱなしだったら「外行ってー!!」と怒鳴れる。
外でどろんこになって帰ってきて、全員靴下まっ黒で、畳の上に足跡付けたら、「綺麗にして!」と全員にウエットティッシュ渡せる。

口出すのはそんなもん。十分!?

いやいや。そんなある日。

いつものように、外に追い出した。外から聞こえてくる男子特有の「俺、こんなことできるんだけん!?すげーだろ?」的な言い合い。
あるよねー。。しょうもないけど。

ところが次第に様子が変わっていった。A君がB君をその「すげーだろ?」を逆手にとってイジりだした。「お前、ドッジボール一番うまいって言ってたのに大したことないなー」みたいな。何度も何度も執拗に。
B君は「そんなこと言ってない!」って何度も訴えてたけど、関係なし。そんなやり取りが続いて、結局そのドッジボールはB君が一人負けた者として残ってしまった。
全員、公園へ流れるように行ってしまい、一人うちの庭に残るB君。泣かないまでもボールを延々壁に投げつけてる。うちの壁なんだけど。

そこへ一人帰ってきたC君が「B君遊ぼう~!」

素直に行けないB君。ここで我慢してた涙が流れ出した。

また、別のD君が「A君!B君に謝れよ~!」しぶしぶA君はB君の近くへ行き、押し倒して「ごめんちゃ~い」

B君は「そんな問題じゃない」とさらに怒る。。。。。

だよね。我慢の限界が私にもやってきまして。介入しちゃったなー。

「なんでDはAに謝れって言ったと?言い過ぎって思ってたんだろ?ここにおるみんな思ってたんじゃないの?Aと一緒になって言ってたやつもおるど?Bが嫌な気持ちになってるってみんな感じ取ったんじゃないと?なんでだまっとる?Bが泣くまでわからんと?いやーな気持ちになったんならなんでそこでAにやめるように言わんと?言わんかったらみんなAと同じことしとるのと一緒じゃんか!こんないじめみたいなことウチの庭でされるのは耳障りだから!するんやったら公園行って!!!!」

文字にするとかなり優しめ~。

言ったらすっきりするかと思うでしょ。かなりもやもや引きずりました。2日くらい。

これで良かったのか?

ずっと考えてたと思います。

子ども達にどれだけ響いたんだろう?「うっせー!くそババア」としか思われとらんかもしれん。うちにはもう遊びに来たくないと思うかもしれん。みにきんずと遊んでくれなくなるかもしれん。AとかBとかのご両親から苦情の電話がくるかもしれん。。。。。

とかとか。


私の中からあふれて、半ば衝動的に言ってしまった言葉たち。うちの子だけに対して言った言葉ではなかった。子ども達全員に伝えたいことだった。

「自分の気持ちに嘘つくな!」って。

嘘つけなかったから私も言っちゃったんですけど。言った後で、つい今までの癖で他人目線になっちゃって。子ども達にどう思われただろうって、もやもや~。


それをね、この前のヒプノ講座でかおりさんやメンバーに分かち合ってもらって。やっぱり、子どもの世界にどこまで介入するかはみんな迷うらしくて。
でも、かおりさんの「言っていいんよ!」とご自分の体験を交えての話にめちゃ安心しました。子ども達には真剣に接してくれる大人たちが必要なのです。


私のテーマでもある「コントロール」にすごく関わることなので真剣ですわ。放任でもコントロールでもない。真剣に向き合うべきことはたくさんある。


ちょっと思ったのが、一つの指標として私が面倒くさいに立ち向かえるか否かがある。


子どもに何かを言いたいと思う時、その何かはどこから生まれるか。私の純粋な感情?それとも外から入った情報に煽られただけの実体のない不安感?

不安感を押し付けているときは、言ってても伝わらんし、説得力ないし、無駄なパワーを使う。めんどくさい。
純粋な感情を伝えているときは、自信満々で言える。「すかんもんはすかんもん」でもめんどくさいことにパワーを惜しまずに使うことができる。ような気がする。

まだまだ、それを見極めることに苦労するけど。最近ちょっとずつ見えてきたことだ。

慣れてきた。楽しくなってきた。

起こる出来事。それに伴い湧き上がる感情。それを一つ一つ見つめてみる。

そっか。私は本当はこうしたかったんだ。これを感じたんだ。これを不安に思ったんだ。


本当の気持ち。

より、自分の本質に近づいて。

より、シンプルにどこまでも自分自身へと。

まわりのすべての人たちが私へ教えてくれる。

もう、感謝ですよ。

うちにゲームしにくる子どもたちにも。すぐ外に追い出すけどね。

あの一件のあとも変わらずやってくる子ども達。

ほんと、感謝です。

うちの子含めて、君たちはどこまでも君たち自身へ向かって。

私はどこまでも私自身へ向かって。

歩いて行こうね。

ちょっと怖いおばちゃんは応援しているからね!







[PR]

by 060304 | 2017-03-28 16:23 | みにきんずの今日この頃 | Comments(7)

尊敬

どんな時に人を尊敬できますか?尊敬する人はいますか?

今日の私の尊敬の対象はみにきんず。まっしぐら。

音読嫌いな2号。昨日も散々ごねごねで「こんなの無理!」なんて言いながら宿題の音読してた。
でも。
「今日は学校いかん!」て言い出すんじゃないかと半分覚悟してたのに、あっさり登校した。

国語の時間、大変だろうなと思う。2学期になって教科書「下」に入った。とたんに文章長くなるし、漢字いっぱい出てくるし、おまけに読みづらい擬音語、擬声語がカタカナでオンパレード。

ひらがなもままならんのに、そら、嫌になるわ。

それでも、その嫌な気持ちを上回る価値を自分で見つけているから、学校行くんだろうな。

私、小学校1年生の時、教室で毎日泣いてたよ。友達できなくて。寂しくて。

すごいな、2号。尊敬。

そして、1号。

先日、通っているテニススクールの「いっぱい試合をしよう!」という意図のイベントに参加しました。近々行われている公式試合の予行演習も兼ねてます。

公式試合もちょっと気が引けてる感じ。まあ、生まれて初めての公式戦。親としても洗礼のつもりですから。
イベントもいつものスクールとは別のコートでの開催。ちょっと不安気、ではある。

でも、行かないとは言わない。ダラダラ準備とかもしない。

パッと見、淡々と参加する。

そして、行ったら、もう楽しんじゃう。どんどん生き生きしてくる。自信も1号の中から湧き出してくる感じ。

私、初めて行く場所でこんなに伸び伸び楽しめる子どもじゃなかったな。それどころか、参加すらしなかった。

「勝っても、負けても関係ない。経験することが大事なんばい!」

って、偉そうに言ってましたけど、母はそれをしきらんかった。だから、みにきんずに要求する。その要求を想像を超える形でクリアしてくれた。

まさに、尊敬。


すごいよ、あんたたち。

自分にできなかったくせに、だからなおさら、子どもに被せて、もっともっと頑張れって言っちゃうんだよね。

それに気付いたら、素直にみにきんず、すごいなって思えた。

尊敬する人は?って質問されたら「みにきんず!」って答える。


未だに初めての経験には勇気が必要で。さきほど、1号の公式戦の申し込みの為、銀行に振込みに行きました。10年前は郵便局員だったけど銀行のことはよくわからなくて、緊張した。手数料のこと、入力の仕方。一つ一つ教えて頂きました。へ~!

私も負けてられない。レベル1upですわ。

私がみにきんずを導くのではなくて、いっしょに歩く。

みにきんずを尊敬することで、見えてきた景色です。



[PR]

by 060304 | 2016-09-21 12:21 | みにきんずの今日この頃 | Comments(0)

学校に行きたくない理由

2学期が始まって2日目(先週の金曜日)、2号が登校しぶりをしたことは前々回の記事「エネルギー漏れ」で書きました。それから週が明けて、月曜と火曜日もひどくはないけど遅刻ぎりぎりの登校でした。私服ではないので、標準服に着替えるのも絶対自分でしないのですべて私が着せています。

その火曜日の夜(昨夜)・・・事件は私の「ひらがな大会もいい加減合格せんとー」の一言から始まりました。サスペンス!!


More
[PR]

by 060304 | 2016-08-31 10:09 | みにきんずの今日この頃 | Comments(0)

見つめる




みにきん1号、2年生になりました。2年生なりに悩み多き季節?1号も大変。ならば当然母も大変。

問題は大きくなるにつれ変化し、幼い頃より複雑になり、頭を使うようになります。

問題① うちにはDSもましてや3DSもありません。周りのお友達は当然のように持っています。今までは友達がやっているのを横からみていたり、やらせてもらったり・・・でもある日突然言われてしまいます。

「DS持ってない奴は遊びにくるな!」

あーあ・・・ほんと子どもって・・・もちろん私もパパも「だったら行かなくていいじゃん」って言いましたけど。

これでいろんなことを学ぶよね。仲間はずれの辛さとか、自分が発する言葉の影響とか。

可哀そうだから、買ってあげればいいじゃんって思われることもあるかと思います。

私だって1号の涙の訴えを聞くと、本当に心が痛くなる。じゃ、買ってあげるって言いたくなる。

でも、ほんとDSっていらないと思うんだよ。今は。

時間の使い方とか、心身の成長とか考えるとまだ早いと思う。まだまだ1号は自己管理ができないもん。正直、1号は幼いから。

それで怒鳴り散らしたりしたくないんだよね。

1号がなぜ、DSを欲しいのか?何もゲームを心底やりたいわけではないらしい。

ただ、友達と関わりたいのね。妖怪ウォッチの話をあーでもないこーでもないってコミュニケーションとりたいのよ。だからお友達がDSじゃなくて公園でサッカーとかしてたら本当は一緒にボールけることでその1号の欲求は満たされる。DSはいらなくなる。

そういうことなんです。

問題② 1号塾を辞めたい。なぜか?勉強嫌いだから。

・・・まあ、そうだろね。大概の人は嫌いかもね。「ママは大好きだったよ」では通じない。遊ぶ時間はいくらでも欲しいのです。それとね。塾のテストで100点取れないからだって。

今日はテストかもしれん!これ覚えてないからどこかにメモしといて、それを見ながらテストしてもいい?

って。カンニング宣言?!

それ、カンニングと言ってテストの時にやっちゃいけないことなんよ~

絶対100点とってねって言った覚えはないけど、密かにプレッシャーかかってたのかしら。

1号の通っている塾は玉井式と呼ばれる「国語的算数教室」というものです。その開発者の玉井先生はおっしゃいました。

嫌で嫌で仕方ない子は問題用紙とかテキストなどにぐちゃぐちゃに落書きする。そうし始めたら無理に続けさせないでください。続けてもよくありません。よく、子どもが自分からやりたいって言ったからとご両親はおっしゃいますが、子どもは大好きな両親がやって欲しそうにしているのを敏感に感じて行くって言ってるだけですからね~


ぎくっ!!確かに1号言いました。玉井式始める時、「ホントに行く?」って聞いたら、「行く。だってママ行ってほしいんでしょ?」

ほんと、よく頑張ってると思います。

でも、心の底から嫌なんだったら辞めてもいいとも思う。まだ2年生だし。塾こそ親が今のうちにしておいた方が楽かもしれないという先回りかもしれないし。

本当の勉強はしたいと思ってこそ身につくものでしょう。でもそれに目覚めるのはまだまだ先のことになるかもしれない。

勉強の必要性を本当の意味で説くのは少し難しいと感じています。


a0075133_09174773.jpg


そんな1号ですが、テニスは楽しい!何か一つでもこれは楽しいって言ってくれるものがあれば親は安心する。週末時間があればファミリーテニスです。チームたかのでテニスに興じる時間は大切にしたいと思います。


一方、2号。

ときどきジバニャンになる。

「おらっちがやる~!!」

a0075133_09175576.jpg


珈琲豆をひくお仕事。おう!がんばれ!


春先のある日、1号が庭から走ってやってきました。「ママ来て!お花にすっごくキレイなちょうちょがとまってる~!」

ほんとだね。きれいだね。って写真をとりました。

a0075133_09175220.jpg


みにきんずが見て、感じて、考えたことを一緒に隣で同じように見つめる。

ほんと、親はそれしかできません。私もそんな風に乗り越えてきたんだろうけど、そんな子どもを見ている方が何倍も魂が揺さぶられます。

みにきんずの隣で魂ぐらんぐらんに揺さぶられながら見つめたいと思います。
[PR]

by 060304 | 2015-05-21 10:26 | みにきんずの今日この頃 | Comments(0)

今日という1日

今日、11月29日本当はみにきん2号の幼稚園の発表会でした。

More
[PR]

by 060304 | 2014-11-30 00:39 | みにきんずの今日この頃 | Comments(0)

泣き虫

授業参観。行ったら行ったで、頑張ってんのはわかんねん…って思うけど。
a0075133_1372369.jpg

もちっとピシッと立たんかい!!
とも、思う。

そんな1号。タイトル通り泣き虫です。

すぐ泣く。すーぐ泣く。

幸か不幸かウチは公園の隣で、1号の学校のお友だちは大体誘いに来てくれる。

で、大体うちの庭でそのまま遊んじゃうことになる。

でもね、時々なんかイタズラされて1号がピーピー泣いて、立ち直れないでもう遊べなくなったら、うちの庭で遊んでるお友だちを眺めてるって風景があるんです。

ホームなのにアウェイな感じ?

ある時、すこーし気になったので1号と話してみた。

泣いてるだけじゃ、お友達には伝わらんよ。

嫌なことはちゃんと口で言わなきゃ。

学校でも泣いてるの?


…………

その日も2回泣いたそうです。

お友達とバレーボールのような遊びをしていたら、遊んでいた全員から「下手くそ」「下手だからアイツには回すな」なーんて言われたそうで…

だから、ボク学校に行きたくない

って、ポロポロ涙をこぼしながら言うではありませんか。

ママはそんなことなかったと?

って、聞かれた。私も1年生のときうまく馴染めず毎日泣いていたから、ママも毎日学校に行くの嫌だったよってもらい泣きしながらお話しました。

そんなこと言われたらイヤだよね~

なんて言ったの?

どう思った?

って、ほとんどカウンセリングをしているように慎重に、焦らず話を聴いていきます。

最初はホントにバレーが下手くそなんたろうなぁと思いました。子供って残酷だし。下手くそに下手くそって言うよね~。コリャ、帰ってきたらバレーの特訓か!?とね。

でも、よくよく話を聴くと、完全に下手くそではないらしい。どうやらお友達はコートの線を無視して力任せにボールを打つ。けど、1号はアウトしないように、しないようにちょろっと打つから下手くそって言われるとのこと。

なるほどね。1号は1号なりの考えのもと、そうしていたのね。もちろん、事実関係は分かりませんけど。

なんだ!じゃあ、1号が下手くそなんじゃないじゃん!皆だってアウトするなら下手くそじゃん!って言ったら安心したようでした。

そして、「ママ、大好き」ってほんとの笑顔で言ってくれました。

何だかんだで久しぶりにまともに言ってくれた気がしました。今日のカウンセリングは成功♪って思えたし。

その対話のあと数日たって改めて何して遊んでるか聞いたら、やっぱりバレーって言ってたから私も安心しました。下手くそってもう言われないらしいです。

子供にとっては大問題なことがあり、私が聴く態勢にならなければもしかしたら知らずにやり過ごしていたかもしれなかったこと。

良かったなぁって思いました。

泣き虫はいつまで続くか分からないけど、焦らず一つ一つクリアしていかないといけないなぁ。

それは1号自身の問題で、私は一番近くで見守りながら応援する。

守ってあげたくなるけどね…

すぐ怒っちゃうし、すぐ泣いちゃうママだけど(遺伝!?)、頑張るから、お前も頑張れよ!!
[PR]

by 060304 | 2014-10-06 13:06 | みにきんずの今日この頃 | Comments(2)

小さな刺

今日はみにきん1号はお友達の家に遊びに行きませんでした。

理由は…

「何も持って来ないから遊びに来たらダメと言われたから」

何=DS

決して頑なに否定している訳ではないけれど…

迷いばかりの親の心に、1号の言われた言葉と3粒の涙が小さな刺となって突き刺さっています。

鈍く痛む。

子どもって純粋で単純なだけに残酷だ。
[PR]

by 060304 | 2014-06-11 23:51 | みにきんずの今日この頃 | Comments(0)

体験主義

今日、1号が学校の食育の一環でトウモロコシの皮を剥いたそうです。

その感想がこれ。

a0075133_2150491.jpg



「れもんのによい。
かわがいっぱい。
おいしそうでいいにおいだけど
ちょっとくさい」

笑った~!!

実際、トウモロコシの皮を剥かせるっていう発想が無かった。

すべては体験。

わかっちゃいるんだけど、何から何までつきあっちやいられない。

学校に感謝!!


ノリにのって1号が話します。

「今日ね先生にヨウスケさんはふざけるときとお利口さんのときがあるねって言われたよ~」

だいぶ、担任の先生も1号のこと知ってくれてるみたい。

そうそう!!そうなんです。

ついでに。

「泣き虫だよって言った?」

と、聞いたらもちろん言わない。

期待を込めて、じゃ、学校じゃ泣かないの?

ううん、泣くよ。

泣くの?

だっていじめるんだもん。

どんなことされるの?

お友達が押してくる。

押されたらいつも泣くの?

ううん、強く押されたとき。


…ちょっとドキッとするよね。だけど近所のお友達とは遊んでるし、まあ、様子見で大丈夫でしょ…

全ては体験。

もちろん親だって。


つきましては、今週の日曜日、コッコファームでのイベントに参加します。

先日のワークショップの体験をさらに深めてみたいと思います。

お暇なら新鮮たまごを買いに来られませんか?

a0075133_2148253.jpg

1号作『トウモロコシ』!!
[PR]

by 060304 | 2014-06-05 21:25 | みにきんずの今日この頃 | Comments(0)

成長の兆し

今日はみにきんずネタで。

昨日は子ども会の廃品回収の日でした。私も1号も初めての経験。

子ども達は町内の方が持ってきてくれる廃品を受け取り、トラックのお兄さんに渡すというのが主な仕事です。

なんか、素直に驚いたんだけど、1号は積極的に働きます。

町内の方が車から廃品を出そうとするとわーっともらいにいく。

トラックのお兄さんが、じゃ次はアルミ缶お願いしますと言うと、わーっと持っていく。

そんなお手伝いすると微塵も期待してなかったので、すごく嬉しかった。

1号はもともとこういう子なの?成長したの?

逆に面食らったくらい。


そのあと吉無田高原に向かいました。

パパがマウンテンバイクのレースを開催していたからです。

1号もお試しな感じで、キッズダウンヒルにエントリー。

1回目は超慎重にブレーキかけながら、無難に終了。

2回目はちょっと攻めようと思ったのか?オーバースピード!!

曲がりきれずコースアウトして草むらに突っ込んでしまいました。

お友だちのパパに手伝ってもらってコースに戻って何とかゴール。

その時の顔といったら!!

涙出てないけど、明らかに泣いてるのね。心が。

頑張ったね!よしよし。大丈夫!って言ったらギリギリいっぱい。涙くん2粒ほどこぼれちゃったけど持ち直しました。

人前で泣くのはすこーし抵抗が出てきたのかな?

そううえば、この前お友だちと家の庭で遊んでいたとき、お友だちの蹴ったサッカーボールが1号のほっぺたに直撃!!

でも泣かなかった。痛くないはずはないのに。

変にニヤニヤしてた。

男の子っぽくなったのかなぁ。


夜。

晩御飯の時間に2号とご飯粒を口に含んで、ぶーっと吐きかけるバトルが始まった。

理解できん。冷静になれず二人の頭をばしっとやった。

そしたら1号、ここでも笑うのね。

私はさらに逆上。もう1発お見舞いしてやった。

さすがに泣きました。ざまぁみろ~!!

でも、泣かせたら泣かせたで復活するのがおそいのでめんどくさいんだけど。

夜中、お風呂でぼんやり考えてて、気が付いた。

1号が怒られてるときに笑うのは誤魔化しているのかもしれない。泣きたくなる自分を。

ボールがあたたった時のように。

泣かずにやり過ごす為に。

泣くのは泣くでめんどうだけど、笑うってどうよ!?

あんまり泣くな!!って言いすぎてるのかな?

成長と言えば成長。確かに1号の中で変化は起きている感じ。
a0075133_9353857.jpg


もちろんレースは5人中5位。

でも最後はちゃっかり一番いい場所で記念撮影。
a0075133_9371017.jpg



ま、いっか。

私も親として当たり前に未熟だけど、一緒に歩いていくしかない。
[PR]

by 060304 | 2014-06-02 09:02 | みにきんずの今日この頃 | Comments(0)
line

TCカラーセラピーと子育てと日々の生活について感じるままに、情熱的に光のように放ちます。


by イマココ
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31