a0075133_1174090.jpg

たまには up to date な話から。

バンクーバーオリンピック、盛り上がってますね。

モーグルの上村愛子さん、とってもとっても頑張ったけど、残念でした。

テレビで厳しいトレーニングをしているところとか放送されていたので、メダルを獲ってもらいたいと日本中の人が願っていたことでしょう。

でも、厳しいトレーニングをしていたのは何も上村さんだけではないわけで。

みんながメダルを獲るために必死なはず。

そう思うと、こけちゃったりした選手がかわいそうで、ちょっと辛かった。

でも、もちろん上村さんを見るのも辛かった。

特にお母さんの気持ちになっちゃうと辛さ倍増。

その上村さんのお母さんのインタビューで印象的だったのが「愛子がお母さんの子どもでよかったと言ってくれたことがあったけど、逆に、愛子のお母さんでよかったと言いたい」みたいな発言でした。

お母さんからしたら、上村さんは自慢の娘でしょうね。

でも、実は私も1号が生まれて間もない頃、同じように思ったことがあります。

1号の娘でも友達でもなく、はたまた、彼女や奥さんでもなく、母親でホントによかったなぁって。

生まれてきてくれただけで、まだ何にもスゴいことしてないけど、無条件に誇らしい。

そんな心境でした。

みにきんたちは私達が親でよかったって、果たして思ってくれるでしょうか?

上村親子のようにお互いにそう思えるっていうことが、絆の強さを表しているように思えたのです。

絆づくり…。

私達にとってはこれからなのですね。

頑張らなくちゃ!

と、いうわけで、ずっと何となくダラダラとできていなかったマッサージをみにきんたちにしました。

楽しかった!

1号は好きな顔をするだけで満足だったみたい。

2号は今日はおとなしく味わってくれました。終わったらすぐ寝ちゃったし。ママも大満足。

こうやって、ちょこっとずつ絆を強くしていきましょうね。

これからもマッサージ、よろしくね。
[PR]

by 060304 | 2010-02-16 01:17 | Comments(0)
line

TCカラーセラピーと子育てと日々の生活について感じるままに、情熱的に光のように放ちます。


by イマココ
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30