完全無欠?!

a0075133_23512858.jpg

みにきん1号の赤ちゃんがえりも治まってきたような感じです。

前の1号になったみたい。

スネスネ、ゴネゴネ、イヤイヤのピーク時とはまるで別人?

様々な方々から温かい励ましのお言葉を頂き、私も努力はいたしました。

私という母親の存在さえも拒否しかけていた1号に、母親の存在感を猛烈アピール!

意識的に執拗なハグや頬擦り、チューチュー攻撃をしておりました。

まるで各種動物たちの求愛行動でしたよ。必死だもの。

そんなある日、パパとおばあちゃんが1号に誕生日とクリスマスプレゼントを買おうと外に連れ出してくれました。

帰ってきた1号は超ゴキゲン!

嘘みたいにスッキリした表情をしています。

私の退院以降、1号自身から私や母まで風邪ウイルスが猛威を奮っていたため、外出という外出はしていませんでした。思えば家に缶詰状態。

もしかして1号は赤ちゃんがえりじゃなくて、ただの欲求不満だったの?!っていう疑惑がわき上がっております。

以降、1号はやんちゃすぎるくらいご機嫌な毎日をおくっています。


そんな情緒不安定な1号をよそに、2号はいたって平和そのもの…。

衣食住満たされていれば、何をそう不安にあえぐ必要があろう?ってな感じで、その表情一つ一つが悟りを得ているかのように見えます。

赤ちゃんを見ているだけで、癒されるように感じるのは、もしかしたら赤ちゃんに煩悩がないからかもしれません。

これこそ完全無欠?!の精神状態ではないでしょうか?

そう思うとますます2号の顔が禅僧かなにかに見えてきた…。

このままいけば、人生、何も怖いことなんかないのにね。

成長って言えば聞こえはいいけど、老化とも言えるように、みにきんたちを見ていると、成長することは次々と襲ってくる自己の煩悩とつきあうことなのだと教えられました。

そして、親はそれを解決してあげることはできない。

だからって彼らに人生を悟れとか、達観しろとかまでは要求できない。

だからせめて私たち親は彼らが生きていくためのパワーの源だったり、最終的な拠り所でありたいと願うわけでございます。



さて、今年を振り返ってみると、本当に子供たちに振り回される大変な、だけど忘れられない楽しい1年となりました。

(実は年女でした!)

これもひとえに「チームたかの」を支えてくださるたくさんの方々のお陰です。

本当にありがとうございます!!

来年もよろしくお願いしますね!!

それでは皆様、よいお年をお迎えくださいませ。
[PR]

by 060304 | 2009-12-30 23:51 | Comments(0)
line

TCカラーセラピーと子育てと日々の生活について感じるままに、情熱的に光のように放ちます。


by イマココ
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30