みにきん1号の試練

a0075133_23381081.jpg

14日に母子共に無事に退院しました。

実家に着いてホッと一息ついたかと思えば、1号の様子がおかしい。

咳をしているなぁとは思っていたのですが、ほっぺが赤い。

38度オーバーの熱をだしておりました。

とりあえずお馴染みの小児科へ。

それからまる2日熱が下がらないので、インフルエンザの検査をしてもらいましたが、陰性でした。

ただの風邪でしょうと、咳止めと鼻水止めの薬を処方してもらいました。

それからさらに2日、熱が下がりません。

これはどうやらただの風邪だけではなさそうだ。

ばあちゃんと一致した意見は、赤ちゃんがえり!

熱がやっと下がった今日は、何しろ嫌!嫌!が激しく、しまいには抱っこだおんぶだを要求したあげく、泣き叫ぶ始末。

間違いない。これが世に言う赤ちゃんがえりか!

小児科の先生に2号とあまり接触しない方がよいと言われていたので、私もあまり1号の相手をしていなかったのもいけませんでした。

でももう、そうも言ってられないと、コミュニケーションをとろうとすると、私に対する抵抗がスゴイ。

傷つくくらい…。

思えば、入院中、1号はとってもお利口さんだった。

ママ、ママ!とごねることなくばぁちゃんちで過ごしてくれていた。多少悪戯っ子だったとしても。

お見舞いに来ても、帰るときはすんなりバイバイしてくれていた。

たぶん、すごく、頑張って、頑張って、無理していたんだろうなぁ…。

でも彼に弟ができたことは事実だし、避けては通れない。

だから2号の所へ連れていってみました。

お腹がすいて泣いている2号を見た1号が抱っこする、抱っこすると言います。

私が手を添えながら抱っこさせてあげると、なんと1号が一言、

「かわいいねぇ!」

それを聞いた私は涙が溢れてきて止まりませんでした。

自分の方が寂しくて、苦しくて、どうすればいいのかわからなくて、そんな気持ちを持て余しているのに、一瞬でも泣いている弟を抱っこしてかわいいと言えるなんて!!

こんな1号のためなら、産後のひだちが悪くなろうと、抱っこしたり、おんぶしたり、なんでもしてあげたいけど、ばあちゃんが私の体を気遣って全てやってくれています。

さっき寝付かせるときも、身をよじって泣き叫んでいたので、抱っこやおんぶなしでは眠らせるのが困難な状態だったので、結局ママは強制退去させられました。

ツライ。

ツライね、1号。

ママと一緒に乗り越えていこうね。

大丈夫。パパもママも皆あなたが大好きよ。
[PR]

by 060304 | 2009-12-19 23:38 | Comments(2)
Commented by 竹坊 at 2009-12-21 22:33 x
今日、たかのパパンに必殺技を伝授しました。電話で、ですが(笑)。
Commented by たかの at 2009-12-24 22:07 x
なにやらひっくるめて、ありがとうございます!
必殺技!だからこそ口伝ですね。しかと肝に命じておきました。
line

TCカラーセラピーと子育てと日々の生活について感じるままに、情熱的に光のように放ちます。


by イマココ
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30