<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


シャドウサイドの力は大きい!

イマココ対話室だよりへようこそ!


まずはお知らせから。(本日の記事はお知らせの下にございます)



<体感ヨガセラピースケジュール>(←名前変えてみました!)


*2018年 1月


10(水)・12(金)・15(月)・18(木)・19(金)・22(月)・24(水)・26(金)・29(月)・31(水)



*時間:10時~11時30分(変更の場合あり)

*料金:1回のみ700円  10回チケット5,000円  初回体験500円  ヨガマットレンタル100円
*その他:○動きやすい服装でおいでくださいませ。○ヨガマットお持ちの方はご持参ください。○朝食は2,3時間くらい前までに軽く済ませておかれると動きやすいです。○上記日程は変更する場合があります。随時変更・更新しますが、ご予約の際に私まで確認をお願いします。○ご予約は前日の17時までにお願いします。
*コンセプト:ヨガを通して、ご自身の心と身体に向き合い、対話し、気づく・・・そんな時間になることを願っています。


他にご心配なこと、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

イマココ対話室 たかのりえ
takanoriee@gmail.com


絶賛!随時承り中!
TCカラーセラピーのメニューについてはこちら⇒❤❤❤

TCカラーセラピスト養成講座についてはこちら⇒❤❤❤
カラーセラピー以外のカウンセリングについては現在2時間3,000円で承っています。今だけのモニター価格となります(期限は改めてお知らせします)。お気軽にお問合せください!

******************************************************************



a0075133_15075746.jpg
冬休みお決まりの映画「妖怪ウォッチ シャドウサイド 鬼王の復活」を観に行ってきました。

今までと全く違う!まさに「新章、突入」してた。さらにシュールなキャラ設定。しかもイケメン妖怪のオンパレード。断然、私のお好みでしょう。

シャドウサイドのジバニャンの強いこと、強いこと!

ライトサイド=通常の姿
シャドウサイド=戦闘モード

という設定です。味方の妖怪が自由自在に変身します。

味方がいれば当然敵がいる。

敵は人間の悪意をエネルギーとする鬼王ってやつらしい。

めちゃめちゃ強い。おまけに進化したりする。

でも、人間と妖怪たちが力を合わせてやっつけるというストーリー。わ、こうして書くと薄っぺらい!

いや、普通に面白かったです。秘かに楽しみにしていたし。何気にうるうるくるし。

でもね、そろそろ、人間の悪意を悪いものとしてやっつけろ!っていうテーマはいいんじゃない?と思ってしまう。

悪意って名前つけちゃってるけど、それってシャドウサイドでめっちゃエネルギー出してるやつと同じじゃないの?

と、つい最近までシャドウサイド(影の世界)にどっぷりとつかっていた私なんか思う訳です。

喜びも楽しみもめっちゃパワフル。

そして、同じように怒りや悲しみもめちゃくちゃパワフル。

どっちが正しいとか、どっちが良いとか、もうやめてもいいよね。

その感情の持つエネルギーを調和や統合や優しさへ使いたいよねーと思った訳です。

いい線いってるシーンももちろんありましたけど。

個人的にはゲゲゲの鬼太郎が友情出演されてて。

トウマくんという男の子の意識の中の苦悩を取り除くお手伝いをされてまして。

これ、ヒプノセラピーじゃん!というシーンがツボでした。


鬼王よりも強い敵がいるというところで映画が終わりました。しばらくこの設定で続くみたいです。

また、イケメン妖怪たちを観に行くんだろうな、私。







[PR]

by 060304 | 2017-12-26 16:06 | 感じたこと | Comments(0)

悲しくても泣けなかった理由

とりあえずとんがっていました。誰彼かまわず突っかかったこともありました。
さーわるものみな傷つけた~♪
イライラして。
子ども達にも怒鳴った。そんで自己嫌悪に陥る。
心はのたうちまわっていた。

苦しくて、苦しくて。

大きな鉛を飲み込んだみたいに、体中が重く、汚染されている。

怒り狂っているかと思えば、陽気に冗談言ったりして、平気なふりして、笑う。

優しくされればされるほど、かたくなに閉じていく。

開いているようで、開いてない。

苦しくて、苦しくて。

冗談まじりで、声に出す。

「死にたい!」

冗談なんかじゃなかった。

「死にたい!」と本気で心が叫び続けていた。

母が死んでからホントはずっとそう叫び続けていた。

でも、とことんごまかしが効かなくなって、苦しくて仕方ない。暴れる心をもてあまし始めた。

そうなると、向き合わざるを得なくなります。

ごまかす方が大変になるから。

私は母の死を完璧に美しいものと仕立てあげました。

それはそれは美しく。
それはそれは完璧に。

そのはずなのに、死が私の心をつかんで離してくれません。

死に魅入られていました。

完璧に美しい母の死は悲しむべきことではありませんでした。

むしろ、死が甘美。憧れの対象でしかないじゃないの!

しかも、私と母の癒着具合はスサマジイものでしたので。

母が死んだんなら、私も死んだんじゃないの?くらい細胞が信じてる節がある。

Robeのメンバーの愛するたまちゃんにフェイシャルのオイルトリートメントをしてもらった時のこと。

たまちゃんの柔らかな手で触れられている私の頬を母の頬だと錯覚した。私の頬か母の頬か判別がつかないほど意識の混濁が起きた。

よくわからないありえないような不思議な感覚にはっとして我に返った。

その後、Robeのかおりさんに言われたことで納得できた。

母の死は母のもの。
私の生は私のもの。

母と私の癒着は今なお、現在進行形で私の中に存在していたのだとわかりました。

こんな風に頭で理解できたからって、すぐに腹に落ちてクリアになることもできず。

死に取りつかれている毎日。

悲しいときはたくさん泣いた方がいい。
まだ、悲しみ方が足りない。
大変でしょ?
寂しいでしょ?
悲しいでしょ?

優しく気持ちを配ってくれる声や表情を、人からもらう度に意地になった。イラついた。私はセラピストだし、悲しみにおぼれてる場合じゃないし。乱れるなんて恥ずかしいし!とかって。(結局、ぶっちゃけちゃってるけど)


蓋をすればするほど、それはむくむくと増幅し、ついにあふれ出ました。

苦しくて、苦しくて、イライラして、当り散らして、自分自身を責めまくって、のたうちまわって。

気づきました。


私が一番私を責めていたのだと。とうとう母を守ることも、癒すこともかなわず、母を死へと向かわせてしまったと。

罪悪感なんて一言では済まないような。例えるなら、刃をひとおもいに自分の心臓に突き刺したような痛み。


これね。

気づいちゃだめだったの。

耐えられないから。

苦しくて苦しくて、それこそ死んでしまいたいくらい耐えられない痛みだったから、気づかないように、あの手この手で美しくラッピングしてしまいこもうとしていたの。

でも、とうとうごまかしきれませんでした。

この「死にたい気持ち」をやり過ごせなかったもん。

そして、もう一つ気づいた。ごまかそうとしたことも私が壊れないように守ろうとしてくれてた結果なんだと。

自己防衛本能。これも立派な愛だと。

私自身はいつだって私自身を守ろうとし、私自身に寄り添ってくれ、私自身を愛してくれていたんだと。

ごまかす。苦しむ。気づく。

全て、ベストのタイミングで、ベストのことが起こっている。

私自身に脱帽。

私を私に明け渡しても本当に大丈夫なんだと、ほっこり、腹に落ちた瞬間でした。

それからというもの、「死にたい」という心の叫びはとても小さくなりました。もうほとんど聞こえないかも。


今回の気づきは私の中ではズキューン!って感じではなく、じわじわと広がっていく感じ。オセロがパタパタと変わっていくとか。パズルのピースが次々とピタッとはまっていくというか。

核心をつくような確信があるような気がして。わくわくと楽しい。思考の広がりが止まりません。


ともかく。

これまで、本当に乱れた私にそっと寄り添ってくださっていた皆様、心から感謝申し上げたいと思います。
皆様がいてくださったから、今私はここにこうして、生きています。

そして、やっぱり今日は自分自身に感謝したいと思います。そんな話の流れじゃん!

ありがとう❤

Merry Christmas❤


※来年1月の体感ヨガセラピーのクラススケジュールはそのうちUPします!よろしくお願いします!






[PR]

by 060304 | 2017-12-25 15:43 | ヒプノセラピー | Comments(2)

最強!この体ひとつを持って限界を超えていく

イマココ対話室だよりへようこそ!


まずはお知らせから。(本日の記事はお知らせの下にございます)



<体感ヨガセラピースケジュール>(←名前変えてみました!)


*12月


1日(金)・4日(月)・6日(水)・8日(金)・11日(月)・13日(水)・15日(金)・18日(月)・20日(水)・22日(金)



*時間:10時~11時30分(変更の場合あり)

*料金:1回のみ700円  10回チケット5,000円  初回体験500円  ヨガマットレンタル100円
*その他:○動きやすい服装でおいでくださいませ。○ヨガマットお持ちの方はご持参ください。○朝食は2,3時間くらい前までに軽く済ませておかれると動きやすいです。○上記日程は変更する場合があります。随時変更・更新しますが、ご予約の際に私まで確認をお願いします。○ご予約は前日の17時までにお願いします。
*コンセプト:ヨガを通して、ご自身の心と身体に向き合い、対話し、気づく・・・そんな時間になることを願っています。


他にご心配なこと、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

イマココ対話室 たかのりえ
takanoriee@gmail.com


絶賛!随時承り中!
TCカラーセラピーのメニューについてはこちら⇒❤❤❤

TCカラーセラピスト養成講座についてはこちら⇒❤❤❤
カラーセラピー以外のカウンセリングについては現在2時間3,000円で承っています。今だけのモニター価格となります(期限は改めてお知らせします)。お気軽にお問合せください!

******************************************************************


「最強!この体ひとつを持って限界を超えていく」
a0075133_14472513.jpg
熊本市の保健師の皆様への研修会に講師として招かれたRobeのかおりさんのサポートをさせてもらいに行ってきました。

『自分の「思考」と「感情」を観察し、上質なコミュニケーション術を身につけよう』と題して2日間にわたって開催されました。写真上が1日目。主に座学。写真下が2日目。ワークの様子。私はワークに混ぜてもらいました。あそこいますね。しっかりと。

保健師さんと言えば、心身の健康を守るというスタンスから子どもからお年寄りまで、毎日触れ合う大切な仕事。行政の中のとても重要な役割を担っています。

想像するに、とても重い。お1人お1人との関わりは真剣勝負でしょう。まさにプロフェッショナルな世界。

まさに、真剣なコミュニケーションの世界。カウンセリングの世界ととても近い。

で、あるからこそ「上質なコミュニケーション」が必要です。

その昔々、私の最初のカウンセリングの師匠に脅されたことがあります。今でも肝に銘じていること。

「いいか?ミイラ取りがミイラになるぞ。こんな仕事しない方がいい。してもらいたくない。」

私への愛情故の言葉だったのでしょうけど。試されてもいたのかな。いずれにしろ、これはそうとう残っています。生半可にはできないと。だから、中途半端なところで二の足を踏んでいた期間が長かったこと。結局、より深みへ進む一歩を踏み出してしまいましたが。

仕方ないよね。より私へと続く道だったんだもの。

そうです。より私へと続く道。より私へと還る道。それが私自身とのコミュニケーションなのです。

つまり、自分自身とより深いコミュニケーションをとれるようになることで、実は他人とのコミュニケーションが充実していくのです。


これ、大切なところですが、イメージしていただくことできますでしょうか?

私達は気づかないうちに、自分の感情や思考と相手の感情や思考をごちゃまぜにしてとらえていたりします。

カウンセリングの現場ではよくあることです。

クライアントさんの苦しくて悲しい境遇を聞く。一生懸命、聞く。共感しましょう、なんてよく言われるから。


クライアントさんの悲しさを自分の持つ悲しさに書き換えて、いっしょに悲しみ、涙する。そして、その悲しみにとりつかれる。ずっと、私が悲しい。クライアントさんのことを四六時中考えて悲しい。

という状況に陥る。ほら、これがミイラ取りがミイラになるってこと。

本当の悲しさは自分の中にしかありません。自分の中の悲しさがクライアントさんの悲しさに勝手に反応しているだけなのです。

クライアントさんの悲しさはクライアントさんのもの。

私の悲しさは私のもの。

本来はこうあるべき。分けて考えるべきもの。

分けて考えられるようになるには、とことん自分の中にどんなものがあるのか見つめて、把握しておくことが大事になってきます。

何があるのかわかっていれば、自分のものか、他人のものか判断つきますものね。

この、自分の中にどんなものがあるのか見つめて、把握しておくことこそが「自分自身とコミュニケーションをとる」ということなのです。

ご理解いただけたでしょうか?

でも、わざわざカウンセリングの現場でなくても、日常の中でこんなことはゴロゴロしております。

旦那様がお仕事から帰られて、奥さまに尋ねました。
「今日は何してたの?」
「何したって私の勝手でしょ!そんなこといちいち聞かないで!」
と、なっちゃったり。してません?

ここで、奥さまの中で何が起こったのでしょう?
ホントは友達をちょっと贅沢なランチを食べにいった。2,000円のランチ。一生懸命働いてくれてる旦那様に申し訳ない気持ちがある。ちょっとした罪悪感?私は2,000円のランチを食べる資格など本当は無いと思っている。贅沢をしてはいけないと思っている。旦那様から見張られているような気がする。自由に好きなものを食べ、自由に好きなところへ行くことは許されないことだと思っている。いつだって、頑張って働いていないといけないと焦っている。などなど。

そんなモヤモヤした自分自身への罪悪感みたいなものが自動的に、しかも瞬時に反応して「勝手でしょ!」となる。

ご主人、そんなつもりは全然ないかもしれないのにね。上質なコミュニケーションどころの話じゃありませんね。あー私には罪悪感があるなーってわかっていればケンカ腰の返事をする前に少しワンクッションおける。

ほらね。大人のより成熟した上質なコミュニケーション。

もっと言えば、例え旦那様が監視のつもりで聴いたとしても、それはあくまで旦那様の問題。監視せざるをえないような不安感を抱えている旦那様はご自身でそれに向き合うしかない。代わりに奥さまが向き合ってあげる必要もないし、そもそも不可能。

私の問題は私のもの。
あなたの問題はあなたのもの。

ある一定の距離を保ちつつ整理されていれば、コミュニケーションもいたってストレートでこじれません。

だからそのために、自分自身とのコミュニケーションをとることをまず、大切にしましょう!ってことなのです。

結局はカウンセラーだろうと保健師だろうとあんまり関係ないってことにはなってしまいますね。

大人として。より安定した大人として。

まあ、犬も食わない夫婦ケンカをしたいということであれば全然止めませんが。思う存分楽しんでいただければ。

でも、保健師とかカウンセラーというプロフェッショナルとしては、無駄なエネルギーを使うのはなんとしても避けたいですからね。

やはり、コミュニケーション上級者を目ざしたいものです。


話をもどしますが。私がペアを組んだのは若くかわいらしい女性。とは言え、身体のプロ。毎日赤ちゃんと触れ合っているせいか、手の感覚は敏感でいろいろなイメージを持っているようでした。話していくうちにご自分の身体と向き合うこともどんどん慣れていかれるご様子。

それをそばで見させてもらって、とても楽しかったのと同時に、静かな感動も感じてました。

あー、私達の身体はなんでも知ってるなー。いつだって私達の一番近くにいて、守ったり、話しかけたりしてくれているんだなー。

そして、それは私達セラピストだからできるのではなく、初めて自分自身とそして自分自身の身体と対話するということを体験した方たちでも「自分とコミュニケーションをとる」ことが可能だということを目の当たりにしたこと。

もちろん、人によって反応は様々です。

その反応が上手とか下手とか、善悪とかではなくて、なんらかの反応があった(とまどいだろうと、拒絶だろうと)そのものが、そのご自身の深いところが間違いなく躍動した証拠のように感じました。

素晴らしく、優しい研修会でした。

今回、行政という大きな組織に従事する方たちと関わらせていただきました。私は民間のただの一個人として毎日活動をしているため、かなり気構えや気負いがありました。大きな組織の前ではあまりにも力の差が歴然としすぎていて。本当は大きな組織であるからこそ、その力をもってして、今回の上質なコミュニケーションを多くの人に知ってもらえるようなきっかけにしたいという期待感もありました。正直に申し上げればですよ。

先般、医師の方にカラーセラピーをする機会にも恵まれました。

医療の現場、行政の現場、そこにも間違いなく大きなニーズがある。それはわかっているのに、組織になった途端、私達はそのニーズに対して提供できることがあるのにもかかわらず届けることが非常に困難になってしまう。そうやっぱり思ってしまっていて。

民間、行政、病院という組織としての観点で見ると、その壁は強固。なのに、いざその組織を構成している人々に直接触れ合うと、難なく伝えられるし、反応も早い。

そのことに気付きました。

私達が見るべきは、目の前にいらっしゃるお1人お1人なんだと。組織の壁じゃない。

私は私と対話して大組織だったり権威に対するコンプレックスを抱えているなと感じました。

それがわかっただけでも、すっきりです。無理にジタバタしません。目の前のあなたに向き合うだけ。

もし、また大組織に異常に反応しても、「あーコンプレックスね」と立ち戻れる。そんな自信はあります。なんと言っても私の身体が知ってる。

だって、研修中ずっと肩上がって、こわばってたもん!頑張ってたもん!

目の前に立ちはだかっていると思っていた組織の壁だってすり抜けるように超えていける。

限界だって本当は超えていける。

この身体ひとつを持って。

今俺は最強だ!!!!(なんで俺?)


追記:とはいえ、数の原理も力の原理であることも事実。ひとりは怖いけど、みんなと一緒なら大丈夫ですよね。
   各種研修会や講座のご相談ありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。
   イマココ対話室 たかのりえ takanoriee@gmail.com









[PR]

by 060304 | 2017-12-15 00:55 | ヒプノセラピー | Comments(0)

ライブをライブする

イマココ対話室だよりへようこそ!


まずはお知らせから。(本日の記事はお知らせの下にございます)



<体感ヨガセラピースケジュール>(←名前変えてみました!)


*12月


1日(金)・4日(月)・6日(水)・8日(金)・11日(月)・13日(水)・15日(金)・18日(月)・20日(水)・22日(金)



*時間:10時~11時30分(変更の場合あり)

*料金:1回のみ700円  10回チケット5,000円  初回体験500円  ヨガマットレンタル100円
*その他:○動きやすい服装でおいでくださいませ。○ヨガマットお持ちの方はご持参ください。○朝食は2,3時間くらい前までに軽く済ませておかれると動きやすいです。○上記日程は変更する場合があります。随時変更・更新しますが、ご予約の際に私まで確認をお願いします。○ご予約は前日の17時までにお願いします。
*コンセプト:ヨガを通して、ご自身の心と身体に向き合い、対話し、気づく・・・そんな時間になることを願っています。


他にご心配なこと、ご不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

イマココ対話室 たかのりえ
takanoriee@gmail.com


絶賛!随時承り中!
TCカラーセラピーのメニューについてはこちら⇒❤❤❤

TCカラーセラピスト養成講座についてはこちら⇒❤❤❤
カラーセラピー以外のカウンセリングについては現在2時間3,000円で承っています。今だけのモニター価格となります(期限は改めてお知らせします)。お気軽にお問合せください!

******************************************************************



『ライブをライブする』
a0075133_16103934.jpg
先週の今頃、めっちゃ緊張しながらヤフオク!ドームにいた。待ち焦がれた東方神起のライブ!

数年前の私には考えられなかったことです。

ミュージカルにしても、東方神起にしても、芸能という分野に関しては一番遠いところに身を置いていた。劇場や会場に実際に足を運ぶなんて。

好きなアーティストや作品のために、お金と時間と労力を費やしている場合ではない。もっと他にやらなければならないものはたくさんある。そんな漠然とした焦燥感や罪悪感。そしてかすかな空虚感。

どれだけ自分のことを許してなかったことかと、今更ながらに思います。やっと、ここまで自分に優しくなれたなと感慨さえ感じます。

だからこそ!東方神起のライブは全身全霊で味わい尽くすことを心に誓っていました。

目のあたりにした彼らは!人間離れしているほど神々しく、輝いて、歌もダンスもたたずまいも素晴らしかった!!!!!

そして、とてもとても遠い存在だった。

毎日、死ぬほど東方神起のライブDVDは見ていたけど、テレビの四角い枠の中にいる彼らの方が、私の実生活においてはある意味リアルで。四角く切り取られていない、どこまでも続く視界の中に確実に存在する彼らの近くにいればいるほど、遠くに感じた。

ユノが私の真上2Mほどの高さの可動式のスケルトンステージで踊りながら飛んでいく(ように見える)。こんなに近くにいるのに、いない。

それくらいの次元の違いを感じました。まるで神の御前のありんこのような気持ち。

ユノとチャンミンが作り出す、異次元空間の中に、私は意識的な存在としているのではなく、ただ、五感をフルに使って全身全霊で感じ取ろうとする受容体として存在した。

そのせいか、ライブのことを思い出すと、まるで夢の中にいたようなそんなふわふわとした感覚の方が強く蘇る。視覚的な情報も弱い。身体中の細胞が夢の中に漂っているような感覚・・・・。

私は東方神起のライブを全身全霊でライブ(=生きた)したんだなーと思えます。

大満足。彼らは本当に素晴らしかった!

チャンミンがMCの時に言ったこと。

「だんだん寒くなってきて、大切な人のそばにいて温かくしていたい時なのに、僕たちに会いに来てくれてありがとう。」

って。まさに。前日の夜ドキドキしながら眠っている長男坊主1号の温かい身体を抱き締める。あー、大切な温かさ。大好きなチャンミンに会うために、時間とお金と労力をかけるけど、それも吹っ飛ぶ1号の温かさ。この温かさをおいてまで、私は朝も早くから行くのねとちらっと思った。それをチャンミンに見抜かれたような気がしてドキッとした。

そんなこと、さらっと言っちゃえるチャンミン。彼も神だ。

出かける直前。パパと息子1号2号に行ってきますを言う。パパも快くいってらっしゃいと言ってくれた。

次男2号もお布団の中から

「ママ、楽しんでくるにゃんよ~!」(ジバニャン風)

!!!!!!

もう!可愛い!可愛すぎるんですけど!!ここにも小さな神がいた~!!!!!


みんなが優しくて。

私が私に優しくするほど、どんどん優しさが流れ出して。


全部、全部ひっくるめて、大好き。この世界は素晴らしい。

Live!!!






[PR]

by 060304 | 2017-12-09 16:10 | 感じたこと | Comments(0)
line

TCカラーセラピーと子育てと日々の生活について感じるままに、情熱的に光のように放ちます。


by イマココ
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31